忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ

2019年にふさわしいダメ兄



ロビン「皆様、あけましておめでとうございます。
    旧年はお世話になりました。
    今年もよろしくお願いいたします。」




あけましておめでとうございます。
遂に明けましたね(どういう表現だ

今年も出来るかぎり更新をしていきたいです。
大きい方もちょっとやっていきたいというのもありますし、
今年は当ブログ始まって10年目の節目です。
まだまだやりたいこともあります故、
どうぞお付き合いくださいませ!






ロビン「今年は…お正月がそんなに寒くないかな、って。
    楽でいいかなと思う。
    でもそれって私達が住んでる千葉だけなのかな?」




千葉はあったかいほうでした。
正月の挨拶回りが楽で助かりました。






ロビン「え?…あ、髪?
    うん、ちょっと変えてみたの。
    似合ってると…良いな。」






シド「似合ってる。似合ってるよォー?」
ロビン「兄さん…ってお酒臭っ!」
シド「さっきまでトラさん達と飲んでたからねぇ。
   さっきまでっていうか昨日の夜からずっとだけどね!」
ロビン「もうお正月も過ぎてそれなりに経つんだから…。
    そろそろ普段の生活に切り替えて!」






シド「ハハハ、これが普段どおりだよ妹よ。」
ロビン「…それは世間では『駄目な人』って言うのよ兄さん…。」




シド兄は今年もちょっと駄目な感じです。






シド「いや、ロビン。世の中には朝に仕事から帰ってきて、
   さぁ一息ついて一杯やるぞ、って人もいるんだ。
   それを夜勤と言って、そういう仕事の人もいるから、
   昼から飲んではいけないという決まりはないんだ。」
ロビン「もう!兄さん夜勤じゃないじゃない!!
    ただ暇なだっただけじゃない!!」
シド「そうだったなハハハ。」




泡崎も夜勤時代は仕事に向かう人が朝におにぎりを買う中、
ビール6缶パックを買って帰る時がありました。
好きな時に飲みましょう。






ロビン「…どうして兄さんはちゃんとしないの…。」
シド「その人にはその人の生き方があって、
   それを個人のものさしで測り、そして決めつけるってのは、
   それこそちゃんとした人間のすることじゃないな。」
ロビン「屁理屈…。」
シド「いいんだよロビン。俺もお前も何にも縛られず自分らしく生きれば。
   それを邪魔するやつがいるならそんなのは無視すればいい。
   常に自分を曲げて生きることは、恥だ。」
ロビン「良いこと言って誤魔化そうとしないで。」
シド「ハハハ、良いこと言ったな、俺。」







ロビン「ごめんね、なんか兄さんが来たら話が脱線しちゃったね。」
シド「寄り道は楽しいからな。」

ロビン「こんな私達ですが」
シド「今年も」






二人「どうぞよろしくお願いいたします。」




楽しくやっていきましょう!
それでは2019年のインバーターインベーダー、スタート!!






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





PR

平成最後の年末大まとめ

おこんばんわ、泡崎です。
年の瀬真っ只中、皆さんいかがお過ごしですか?
大掃除は終わりましたでしょうか?
年末年始の買い物は終わりましたでしょうか?

終わった方はゆっくりお読みください。
終わってない方はちょっと息抜きにお読みください。

では、毎年恒例のまとめでいってみましょう。
ちょっと長めです。お時間ある時にどうぞ。







実は泡崎、今年もまだプライベートがゴタゴタしてて、
結局思った以上にブログ更新等ができていませんでした。
悲しい…。

もう少し続きそうなんで、しばらくはこんな調子です。

ツイッターの方は暇があればツイートしているので、
生存確認等はそちらで出来ますです。

いろいろやりたいことはありますが、
まとまった時間がとれないと難しいですね…。
ドール関係は一回腰を落ち着けてやりたいです。

みなさんもお忙しいとは思いますが、
ほどほど息抜きしながらやっていきましょうね。






世情はどうでしたでしょうか。
泡崎的には北海道の地震があった以外は安定してた気もします。
北海道の方々、どうぞご自愛なさってくだされ…。
これから本格的に寒くなり、雪も降りますね…。っていうか降ってますね…。

世の中、本当に天下泰平で落ち着いてる時期が来てほしいです。
平和であるということがこの昨今、当たり前ではなくなってきていますね。

天災・人災、両方ありますが、
地味に怖いのが「日常生活での事故」です。
ボーッと歩いてられない時代です。
キョロキョロしながら歩きましょう(不審者に思われない程度に






趣味の方はどうだったでしょうか。

泡崎個人としては、だいぶ良かったと思います。
ブログの更新などは出来ない事が多かったですが、
小さいドールを始めて、だいぶ楽になりました。

重度の神経痛持ちっていうアレがあるんで、
なんか毎回言ってる気がしますが、
大きいドールの撮影はなかなかシンドくなってきました。
こっち(大きい方)をやめるつもりはないですが、
やはり撮影等が楽な小さい方にかたむきがちです。

大きい方も体調を見て引き続きやっていきたいですね。


あと、オビツ11身長調整キット的なものがすごく気になっています。
これがあれば色々とバリエーションが増やせそうで!






寒くなってまいりました。
急な冷え込み、つらいですね。
自室に火の気がないので…。
(エアコンあるんですが、冬は使わない人なんで…)

体に気を付けていきましょう。
あんまり人の心配できるほど健康でなくなってきていますが、
まだ大丈夫!全然いける!!と思っています。

ですが、急に具合が悪くなることも多くなってきました…。
もう中年も中年、ド中年ですから。
泡崎がキラキラ20代だと思ってた方には申し訳ないですが、おっさんです。
おっさんも来年やる気を出していきたいと思っています。
気持ちは若くいきたいです。






来年の抱負的なのは、

・健康
・趣味の充実
・生活習慣の見直し
・健康
・健康
・貯金
・健康

です。
健康多いな!!!!!

ですが体が資本とはいったものなので、
そっちに気をつけたいですね。

趣味方面では、やはり小さいドールにももう一展開欲しいです。
男子勢も出してあげたいですね。
小さい方は大きい方のパラレルワールドなので、
普段学校に行かないであろう人物を出せるという強みがあります。
来年は男子も力を入れていきましょう!






さて、そろそろお時間ですね。
まだ一日ありますが、
今年の当ブログはここで終わりです。

みなさま、いつもご覧いただきありがとうございます。
更新が少ないという中、それでも応援していただけるというのは、
本当にブログ管理人・ドール劇作者としてありがたいです。

出来るだけ更新の方も頑張っていきたいです。


では最後に。

今年もおせわになりました。
平成最後とか関係なく、来年も楽しんでまいりましょう。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!!

インバーターインベーダー、今後もよろしくお願いいたします!!






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村




コケ



フユ「~♪」




なにやら緑色のものをゴキゲンに眺めるフユ。
もういまさらこの子のすることにツッコミは無いですが、
とにかく今年最後まで何をするかわかりません。






ユウマ「なにこれ。」
フユ「こけ。」
ユウマ「こけ?こけって…苔?ジメッとしたところに生えてる苔?」
フユ「そう。」




どうやら苔栽培がフユのマイブームの様子。
渋い。






フユ「かわいい。」
ユウマ「えーそうなの?かわいいかなぁ?」
フユ「ひっそりしてて好き。」
ユウマ「お花とか咲くの?」
フユ「咲くのもあるよ。」
ユウマ「これは?」
フユ「咲かない。」
ユウマ「じゃあただの緑色じゃん…。」






フユ「育ててたら増えた。」
ユウマ「わっ、もう1個出てきた!!」
フユ「増えていくのも楽しい。」
ユウマ「難しいの?増やし方って。」
フユ「ちょっとコツがいる。」
ユウマ「…へぇー。」




フユはちょっと職人気質なところもあるんで、
こういうものには妙にドハマリするタイプです。
フユの言う通り、苔は増えます。
ちょっとコツを掴めば栽培も楽しいそうですよ。






ユウマ「欲しくはないけど…見てたらなんかかわいくなってきた!」
フユ「苔の良さ、わかっていただけたか。」
ユウマ「いや、わかったわけじゃないけど…。なんか…嫌いじゃない!」
フユ「フォッフォッフォ。」




苔を育てる女子高生。

ハマると楽しい系は探し当てるまでが大変ですが、
やっていくとライフワークになるものも多いですね。
趣味は人生を豊かにします。
新しいものとの出会いも大事ですね。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村







暇なのだ



アカネ「は~~~~~ぁ~~~~~~…。」




珍しくアカネが溜息。
何があったのでしょうか。






ナナセ「今考えてること、当ててあげるわ。」
アカネ「お、当ててみ当ててみー?」

ナナセ「11月は何もイベント無くて退屈だなー、でしょ?」
アカネ「大正解ー!!よくわかったねー。呪術的なアレ?」
ナナセ「あなたの考えてることぐらい何となく分かるわよ。」




10月はハロウィンムードありましたね。
たくさんハロウィン関係の商品やイベントもありました。

さて、11月。
実際なんも無いですね。






ナナセ「ちょうどいいじゃない。
    来月はクリスマスだから中休みよ、中休み。」
アカネ「えー、ノンストップで遊びたくない?
    この一ヶ月がもったいなくね?」
ナナセ「どうせ年末年始にいっぱい予定があるんだから、
    今のうちにやれることやっといたほうがいいんじゃない?」
アカネ「うーんそうなんだけどー…。」






アカネ「あ!!なんもないなら勝手にイベント作ればいいじゃん!!」
ナナセ「…なにするのよ。」
アカネ「うーん。寒くなってきたからおでんパーティーでもやろう!!
    みんな呼んで、好きなおでんのタネ持ち寄ってさー!!」
ナナセ「へぇ、いいじゃない。」
アカネ「でっしょ?でしょでしょ?」






アイ「みんなでおでんやんのか?」
アカネ「そう!好きなの持ち寄ってやるの!
    超楽しそうじゃん?」
アイ「いいなそれ。よっしゃ、何入れるか考えなきゃな!」
ナナセ「…食べられるものにしてよ。」
アイ「ったりめーよ!」






アイ「たまごとー…昆布とー…たまごとー…はんぺんとー…。」
アカネ「たまごとー…大根ーと…たまごとー…たまごとー…。」
アイ「ごぼ天と…たまごと…たまごと…ごぼ天と。」
アカネ「ウインナー天と…たまごと…たまごと…たまご巾着と。」
ナナセ「たまご鍋じゃないそれじゃ…。」
アイ「たまご好きだろ?」
ナナセ「他にもいろんな物入れなさいよ…。」




おでんのたまご、美味しいですよね…。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村






チーム

以前知人に
「泡崎のところのヤンキードール達はチームとかあるの?」
という質問をいただきまして。

シチローやテッペーは登場した際に
「多くの舎弟がいる」
という設定も出したりしましたが、
詳しいことを書いたりはしてませんでしたね。

そんなわけで、設定してあるところを書いておきます。
なお、彼らが住む街は「架空の千葉某所」という設定で、
ヤンキーが多い地域で過ごしているので、
わりとチームなんかがある、という感じです。
(実在の名称等とは一切関係ありません)






・アイ
 所属 : インビンシブル

以前は無所属でしたが、実力や知名度を買われ、
世話になっていた先輩から継いだ状態です。
上下関係などはあまり強くないチームですが、
名が示す通り、無敵です。
家庭に恵まれない少年少女もアイが面倒を見ます。






・シチロー
 所属 : マイトバッシュ
 
シチロー率いるマイトバッシュは街で一番の腕っぷしという設定です。
人数が少なく、シチローの人柄に惚れ込み敬愛するヤンキーが集います。
ただ、街一番、というのは伊達じゃなく、少人数ながら喧嘩は苛烈です。
シチローもあまり群れるのが好きではない質なので、ちょうどよいようです。
住む街が好きなシチローの意向もあり、自警団的な存在でもあります。






・アキラ
 所属 : ジョーカー

アキラ率いるチームは全員女性という、いわゆるレディースです。
アキラの生い立ちと同じく「自分の行き場のない人間」を集め、
必要以上の悪さをしないよう面倒を見ているという、
彼女たちの「帰る家」のような存在です。
また、喧嘩は否定せず、自分のやり場のない力の発散方法として、
自分の存在を守るものとして、ある程度のものなら許されています。






・テッペー
 所属 : ベノム

テッペー率いるベノムは、街で最大のヤンキーチームです。
基本的に荒くれが集まりますが、統制は完璧です。
テッペーはどうにもアホなイメージが強いですが、
ヤンキーとしてのカリスマはあるので、
チームの知名度やテッペーの功績など、入ってくる人の動機は様々。
それを全部受け入れ、管理しているのがテッペーです。意外と懐は深いです。






・シズカ
 所属 :バタフライ

急に出てきたので「誰?」という感じですが、
当ブログ9周年記念キャラです(唐突)。
シズカの人となりはまた後でということで。

シズカ率いるバタフライは、他のチームと違い、
少々危ない連中が集まるところでもあります。
シズカ自体が容易に感情や行動を読み取れる人物ではないので、
街では少し危険視されることもあります。




設定的にはもう1つチームがあるのですが、
それはまたしばらくしてヤンキーが増えた時に披露するかと思います。

彼らは抗争を目的でチームを持っているわけではありません。
この街で「自分」という存在を示し、何かを残す、という目的があります。
それは「強さ」であったり「プライド」であったり「仲間」であったり。
様々です。




そういえば…。






・リュウジ
 所属 : 無所属

彼は何かに縛られることを嫌うので無所属です。
喧嘩が行われているとフラッとやってきて混じり、
最終的に両方を倒し一人勝ちしてまたフラッと消えます。
街ではある意味一番の危険人物として有名です。



コイツもいました。
チームに属さないのもいます。






世間では鼻つまみ者の「ヤンキー」という存在ですが、
泡崎は、彼らは自分という存在を強く表現したい者の集まりだと思っています。
そういう存在は古来より「傾奇者」というものであったり、
時代時代で形と呼び名を変え存在しています。


不良賛歌する気はないです。
彼らは自分たちを「悪」であるという自覚があります。
世間の鼻つまみである自覚もあります。はみ出してる自覚もあるでしょう。
それでもやりきれない何かを表現するために、
この珍妙な毎日を送っているのだと思います。


その一番わかり易い表現として、
泡崎は彼らに必ず「黒」を取り入れることにしています。
世間的には「黒」=「悪」というのもありますし、
「混じりけのない色」という表現の1つでもあります。


彼らは彼らの毎日を送っています。
普通の人間には理解できない存在。そういうものなんでしょう。









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村