忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール

チェック



イオリ「黒天丸、チェックだよ!」
黒天丸「何のチェックだ。」
イオリ「もふもふチェック!!」
黒天丸「…何のチェックだ。」




もふもふチェック。
それは猫の命、毛並みをチェックする、
まさに重要かつ重大なチェックである。






イオリ「…うーん。うん。うーん。」
黒天丸(…これで何がわかるんだ…。)
イオリ「これは…もふですなぁ。」
黒天丸(…もふってなんだ?)
イオリ「うんうん。もふです。」




綿密なもふもふチェック。
明日の日本に必要な人材、もふもふ鑑定士がまた新たに一人…。






イオリ「出ました。結果は『すごくもふもふ』でした!」
黒天丸「…それは良いのか悪いのか。」
イオリ「良いと思います!!」
黒天丸「…そうか。」





さぁ、あなたももふもふして楽しい共同生活を!!!







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



PR

仲良くおやつ



リュウジ「最近誰もケンカ売ってこねぇな…。」




あからさまに危なすぎて誰も喧嘩を売ってこない、
もはや王者の風格すらあるリュウジ。
ちょっと退屈なようです。






イオリ「リュウジ、こんにちはー!」
リュウジ「ちび公か。」

イオリ「リュウジはお菓子は何が好きなの?」
リュウジ「ポテトチップス。」






イオリ「じゃーん、あります!!」
リュウジ「おう。」
イオリ「一緒に食べようねぇ。」




怖いもの知らずのイオリ。






(ぽむぽむ)

イオリ「んー?」
リュウジ「何味だ、それ。」
イオリ「お塩だよー?」
リュウジ「おう、好きなやつだ。」
イオリ「良かったねぇ。」




泡崎は漫画や特撮で出てくる「普段は傍若無人な悪役」が
「子供に対して敵対心を捨てて接する」という構図が好きです。
ただ、それで改心して良い人になるパターンはあまり好きじゃないです。
悪いやつは悪いやつでいてほしいです。
気まぐれ感がいいんです。






傍から見るとわりと不審者感強いリュウジですが、
イオリはリュウジが好きです。
リュウジはこの街一番のワルですが、性根が腐ってるわけではありません。
彼は彼の「悪の美学」があって生きているようです。
悪であることにも色々貫き通すところがあるんですね。









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村









大人の楽しみ



ユキトラ「…。」

キズナ「…。」






ユキトラ「…。」






キズナ「…。」






キズナ「…ねぇ。」
ユキトラ「あぁん?」
キズナ「アンタが今考えてること、当ててあげようか?」
ユキトラ「おう。」
キズナ「ビール飲みたいなぁ…でしょ?」
ユキトラ「よくわかったな。」
キズナ「…だろうね。」




泡崎も夏場は常々そう思っています。






キズナ「そもそもさ、ビール美味しいわけ?」
ユキトラ「おう、美味いぞ。そりゃ最高だぞ、お前。」
キズナ「思い込みとかじゃなくて?」
ユキトラ「馬鹿野郎なんで思い込みで美味いと思って飲まなきゃいけねぇんだ。
     大人がみんな罰ゲームやらされてるみてぇじゃねか。」
キズナ「でも苦いんでしょ?」
ユキトラ「苦いよ。」
キズナ「苦いじゃん。」
ユキトラ「コーヒーだって苦いだろ。」
キズナ「…まぁ、そうか。」




ビール何が美味しかって言われるともう説明付かないス。
ただ、飲み続けるってことは美味しいわけで。
思い込みじゃないわけで。

なんで美味しいんだろ…。






キズナ「毎晩飲んでるけどさ、どんだけ好きなの?」
ユキトラ「こんぐらい好きかな。」
キズナ「子供か。」

ユキトラ「お前も大人になって飲むようになればわかるかもな。」
キズナ「えー…。カクテルとかのほうが美味しそうじゃない?」
ユキトラ「カクテルも美味いけどな。ビールはまた違うんだよ。」
キズナ「熱狂的ビールファンだね、アンタは。」
ユキトラ「もうファンとかじゃねぇんだよな、コレが。
     最悪ビール浴びてぇよ。」
キズナ「優勝した野球選手か。」




僕は浴びるより、浴びるほど飲みたいです。










にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村









ねこ&ひげ



アオイ「こうかな?」
アカネ「お、いいよー!可愛い感じよー!」

黒天丸「…。」

アカネ「もう一枚撮ろう。」
アオイ「じゃあこの角度で。」
アカネ「オッケー!!」

黒天丸「…。」




最早やられ放題な黒天丸。
最近はこういうことに慣れてきたのか、
抵抗しなくなってきました。
諦めの境地でしょうか。






アオイ「よく撮れてるね。」
アカネ「でしょでしょー!スマホ撮り、プロ級なんでしてー?」
黒天丸「急に猫写真が必要になったと言ったが…、
    じゃあ急に猫写真が必要になる状況とは…何だ?」
アオイ「今日、世界猫の日なんだって。」
黒天丸「世界猫の日?」
アオイ「愛護団体が決めた日らしいよ。
    で、クロちゃん撮ろうって。」
アカネ「そうそう。ロビンが貸してくれたし。
    今日は一日お掃除と片付け物があるから、
    黒天丸お外に出しておきたかった、ってさ。」
黒天丸(…あいつめ。)




日本は毎日何かしらの記念日がありますが、
本日はわりとちゃんと世界基準らしいです。

その他にもいわゆる「猫の日」があります。
日本は2月22日ですね。にゃん・にゃん・にゃん、だそうです。
世界でも本日の猫の日と違う日にちで猫の日があるようです。

それだけ猫が人間に身近な存在だということでしょうな。






アオイ「そういえばボク、昨日インターネットで見たんだけど、
    8月8日はヒゲの日でもあるって書いてあったよ。」
アカネ「ほほーう、ヒゲの日…。
    あっ、ヒゲ生えてんじゃーん!
    接写ー。」
アオイ「ちょうど二つ重なって撮れてよかったね。」
アカネ「いやー、黒天丸さまさまです。ありがとう!」
黒天丸「その写真、どうするんだ。」
アカネ「SNSに流して、いいねいっぱいもらう。」
黒天丸(…利用されてる…。)




ヒゲの日でもあるらしいです。
こちらは日本基準でしょうか。
漢字の「八」がヒゲっぽいという理由だそう。
色々考えますな…。






アカネ「関係ないけどしっぽも撮っとこうか。」
アオイ「いいね。」
黒天丸「…関係ないのになぜ撮る。」
アカネ「え?なんか…かわいいじゃん、しっぽ。」
アオイ「むしろこっちの方がいいねいっぱいつきそうな気がするね。
    ボクも後で撮っとこう。」

黒天丸(…なにやらされてるんだ、俺は…。)




流行に敏感なギャル系 vs 妖怪猫。
今回はギャル系の勝ち。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村







バテバテ



ユウマ「最近食欲なくてー。」
アカネ「わかる。」
キリエ「絶対わかってないですよね!?お菓子すごい抱えてますよね!!?」




夏恒例の夏バテ談義。
皆さんどうですか?大丈夫ですか?
泡崎は今年、なぜか全然大丈夫です。
むしろ逆にちゃんと食べてます。
食べないと逆にバテちゃいますぞー。






アイ「よー、お前らー。メシ食いに行こうぜー。」
キリエ「あ、アイちゃん。実はカクカクシカジカ…。」

アイ「食欲が無ぇ、だと?」
ユウマ「うん。」
アイ「ユウマ、それはな…」






アイ「気のせいだ。」






ユウマ「…いや、そんなドヤ顔で言われても…。
    ホントだよ!食欲ないよ!!」
アカネ「でも案外アイの言うとおり、気のせいなんじゃね?」
キリエ「うーん、どうでしょう…。」
ユウマ「2食しか食べてないもん毎日!」
アイ「食ってんじゃねーか!2食!!」
ユウマ「だっていつも3食だもん!!1食少ないもん!!」






キリエ「…ユウマくん、それは…気のせいです。」
ユウマ「ええー!?
    …気のせいかなぁ…。」
アカネ「気のせい以外ないってマジで。」
ユウマ「お惣菜パンしか喉通らないのに?」
アイ「高カロリーなもん食ってんじゃねぇか。2食も。」
ユウマ「うーん…。」
アカネ「おやつは?」
ユウマ「甘いパン食べてる。」
キリエ「完全に気のせいです。」






フユ「パン最強説が証明されてしまいましたな。」
ユウマ「あ、フユ。」
キリエ「パ、パン最強説って…。
    ユウマくんがただパンしか食べてないだけで…。」
フユ「でもユウマ、元気。」
アイ「確かにパンしか食ってねぇわりには元気だな。」
フユ「パンはカロリーがあるのでエネルギーになるのです。」
アカネ「なるほどー。」






フユ「やはりパン最強か。」
キリエ「…フユちゃん、ホントにパン好きですね…。」
フユ「最強だからね。」




パンは腹持ちあんまりよくないですけど、
実際のところエネルギーにはなります。
カロリー高いのであんまり食べすぎるのもアレですが、
夏はエネルギー使うんで、
「ご飯は喉を通らないけど…。」
という方は、食事一回分をパンでしのぐのもアリかと思います。

でもユウマみたいにパンしか食べないというのも、
偏食の原因になって逆に体に良くないので、
ほどほど色んな物を食べましょう。

夏の食事は量より質、と言いますんで。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村