忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > 記事一覧

夏の終わりにドカンと一撃



アイ「あー、スイカ割りてぇなスイカ。」
アキラ「どういう欲求よ、それ…。」
アイ「今年は一個もスイカ割ってねぇからさぁ。」
シチロー「お前はガキの頃からスイカ割り好きだったなそういや。」
テッペー「マジカよ。俺、実はスイカ割りってあんまりやったことねぇんだよな。」
アイ「スイカ割りはいいぞー、テッペー。
   っしゃあ、いっちょやるかスイカ割り!」




スイカ割り大好きなアイ。
普通毎年のように割るもんでもないとは思いますが…。






アキラ「スイカ割り、あんまり好きじゃないのよね。」
アイ「なんでだ?面白いぞスイカ割り。盛り上がるぜ!」
アキラ「だって割れたら割れたでスイカの汁と中身が飛び散って後が大変だし。
    それに食べるんでしょ?地面に置いたのなんかちょっとね…。」
テッペー「あー、まぁそう言われてみりゃそうかもなァ。」
アイ「オイオイオイ、これだからお育ちがいいのは困るんだ。
   ノリだろ、こういうのはー。」
シチロー(割りてぇだけだろお前は。)




子どもたちのお祭りとかでも昔は恒例行事でしたが、
最近は「衛生的に」とか「後片付けが」という問題でやらないことが多いそうです。
わかる気もします。






アキラ「夏よ?虫がいっぱいよ?ぬるいスイカ割って虫つきのやつ、食べたい?」
テッペー「やだなー。」
アイ「やだなー。」
シチロー「そこはお前は粘れよ。」
アキラ「じゃ、やらない方向で。」






アイ「お、いいこと考えた。テッペー、そこに屈め。」
テッペー「???」
アイ「こうだよ。テッペーがスイカ持って、そこをめがけて割る。
   で、スイカ割れたらテッペーがしっかり持って飛び散らないようにする。」
アキラ「最悪テッペーが死ぬけど?」
シチロー「スイカか頭のどっちかだな、割れんのはよ。」






テッペー「やめろオメー!食らったら髪型崩れんだろ!!」
アキラ「…アンタ、一回頭に食らったほうが良いんじゃない?」
アイ「ダメか。」
シチロー「ダメだろ。」






アイ「だがやる!!」
シチロー「好きにしろよ。」
テッペー「俺もやる!!」
アキラ「仕方ないわね…。ま、スイカぐらいは用意してあげるけど、
    後片付けとかは自分でやってね。」
アイ「おう!!」




スイカ割りは実際盛り上がりますよ。
楽しいです。割るのは。
でもまぁ…ホント面倒なんですよね、その後が。
割れたら飛び散るんで、食べるところも少ないですし。
いい感じの力加減で割れるとヒビが入るだけで飛び散らないんですが、
やるときってだいたいみんな全力ですからね…。
パッカーンですよ。






リュウジ「よぅ、混ぜろよ。粉々にしてやんぜ。」
シチロー「粉々にするスイカ割りってのは聞いたことねぇな。」
アイ「食えねぇだろ粉々じゃ。」
リュウジ「そっちのほうがおもしれぇだろ。」
アイ「聞けよ人の話を。」




みなさんもスイカ割りは下にシートを引いて、
砂や虫が入らないようにしましょう。
あと力加減は程々で。

夏もそろそろ終わりです。
もう一個ぐらい思い出を作っても良いかもしれませんな。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


PR

インテリぶってみる



キリエ「…ってわけですよ!なかなか面白かったです!」
アカネ「面白そー。アタシも今度行ってみよっと!」




何気ない朝の会話。
特に知性的でも何でも無いですが、
雑談は心の漫画雑誌みたいなもの。
必要ですね。






アイ「うーっす、おはよーさん。」




アイが登校。
…おや、なにか小脇に抱えてますが…?






アイ「さて、今日の世の中は、と。」
アカネ「お、新聞。」
キリエ「え、アイちゃん新聞読むんですか?」
アイ「おう。やっぱり世の中知らねぇとなー。」




急に大人ぶる…。






アイ「はー。やな世の中だねぇオイ。」

アカネ「新聞って、読む?」
キリエ「うーん、私はネットニュースで見ちゃうんで、
    あえて新聞とってまでは…。」
アカネ「アタシもー。うちのおじいちゃんは読んでるけどねー。」




泡崎も新聞自体は家でとってはいますが、
実際のところあんまり読んでません。
キリエみたいに、ある程度はネットニュースで読んでしまうんで。






キリエ「でも、活字で読むっていうのも大事ですね!」
アイ「おう、そうな。」
アカネ「頭良さそうにしてる…。」
キリエ「形から入るのがアイちゃんですから…。」






アイ「お。」
キリエ「なにか面白い記事でもありましたか?」






アイ「去年の映画、もうテレビでやるじゃんか。」
アカネ「マージでー?」
アイ「あ、でも他にも観たい番組ちょっとかぶっちゃってら。」
アカネ「どっち観るかなー。」

キリエ「…まぁ最終的にはテレビ欄ですよね…。
    そこ、一番大事ですもんね…。」




映画好きの泡崎的には、BSとかの映画もチェックしたいんで、
一番長く見るページはテレビ欄です。
良い歳したおじさんらしくない…。
でも…大事(念押し







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





楽しく生きたい



本日より登場の子です。
サンライト素体と同じ植毛ヘッドが残ってたので、
ちょっと作ってみました。






お顔はこんな感じ。
ちょっとギャルっぽいスね。






後ろは一本結び。

お洋服は余ってたセーラー服のスカートと、
手縫いのシャツです。
なにぶん拙い手縫いなので、ちょっとアレですが…。
良いシャツがあったら買ってあげたいです。


ちなみにこの子らの学校は「学校指定の服なら自由に着こなしていい」という、
とても緩い校風なので、この子はセーラー服の上着でなく、
部活用のシャツを着てます。
校風の緩さを生かして、改造制服だったり金髪だったりパーマだったり、
外見に関してはみんなけっこう好き勝手です。




それではお話の方、いってみましょう。






───放課後、もんじゃ焼きの店


アイ「…と、まぁ。人生いろいろ、だよな。」
アカネ「そんな歌あったよね。」
アイ「あったな。」
ナナセ「私達の若さで語れる話じゃない気もするわね。」




放課後のお楽しみといえば、みんなで集まってワイワイ。
けっこうくだらない話でも盛り上がったりしますね。






ナナセ「大人になればもっと色々あるんじゃないの?」
アイ「っていうか今以上に色々あるのは確実だろうしなぁ。」
ナナセ「それなりに考えて生きないと色々じゃ済まないこともあるし。」
アカネ「人生、難しいなー。」
アイ「そのへん、ミサキはどう考えてんの?」






ミサキ「楽しく生きたい以外、無い!」
アカネ「最高だね。それ以外考えらんないね。」
アイ「マジでそれが一番だけどな。」

ナナセ「無理よ。」




ナナセは現実的なので無理と切り捨てましたが、
誰だって楽しく生きたいですよね。
まぁ、上でも彼女たちが話していたように、
人生色々ありますから、楽しいことだけというのは無いでしょうが、
やはり楽しいことは多いほうがいいですね。






ミサキ「イエーーー!!楽しいーーーー!!!」
アカネ「イエーーーー!!!!ハイターーーッチ!!!!」
ミサキ「毎日が楽しくてしかたなーい!!!」

ナナセ「しょうがない子達ね。」
アイ「そういうお前だって楽しいことがいっぱいの方がいいだろ?」
ナナセ「誰だってそうよ。」

ミサキ「もんじゃイエーーーーー!!!!!」
アカネ「もんじゃイエーーーーー!!!!!」




ミサキはどちらかと言うと瞬間瞬間で楽しいことが好きなタイプです。
全力で遊んで生きてます。
そんなわけで妙にアカネと親和性の高いキャラです。

また問題児が増えましたね。ほぼパリピです。
ギャルとパリピとかもう近所迷惑なデシベルを出すコンビですね。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





乾物



───学園中庭


ユウマ「今年ってなんかすごく暑くない?」
キリエ「ですよね。なんかスゴイです。」
ユウマ「すぐ喉乾いちゃうよね。」




今年はまだ7月半ばだというのに、とんでもない暑さですね。
泡崎も生きてきて初めて「命に危険が及ぶ暑さ」というフレーズを聞きました。
連日ニュースで言ってますな。
それだけヤバめな毎日ということですね…。






ユウマ「もし8月になったらどうなっちゃうんだろ。」
フユ(あぐあぐ)






キリエ「もっと暑くなっちゃうんでしょうかね…。」
フユ(あぐあぐあぐあぐ)
キリエ「…なんで学校でスルメ食べてるんですか、フユちゃん…。」
フユ「塩分補給。」
キリエ「…どうしてあえてそれを選んだんですか…。」




塩分大事なんで摂りすぎない程度に体に入れましょう。






キリエ「でも実際塩分も大事ですもんね。」
ユウマ「水分と塩分が熱中症予防なんだっけ。」
キリエ「はい。ちゃんと摂りましょうね。」







フユ「水分とらないとこうなっちゃうよ。」
ユウマ「カラッカラってこと?」
フユ「うん。」
キリエ「あはは、確かに乾物になっちゃいますね。」






泡崎も以前、軽く死にかけるレベルの熱中症になったことがあるんで、
定期的にみなさんに熱中症予防を呼びかけております。
熱中症はとてもつらいので、みなさんお気をつけください。

実はこの間も寝てる最中にやってしまったらしく、
朝起きたらフラッフラになってました。
しかもお酒を飲んだ次の日で、ちょっと二日酔いの合わせ技一本。
死ぬかと思いました。

くれぐれもスルメにならないよう、お水を飲んで少し塩分も摂りましょう。






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





デリシャス情報



アイ「なんかうまいもん食いてーなー。」
アカネ「最近そうめんとか冷うどんとかで飽きてきたー。」
アイ「どうしてもおんなじもんになっちゃうんだよなー。」




おそうめんも冷うどんも美味しいですが、
やっぱりマンネリ気味になってしまいがち。
色々工夫はしてみるんですがね…。
つゆを変えたり、とか。






ユウマ「ねー!昨日フユと美味しい店見つけたから今度行こうよー!」
アイ「お、マジか!でかしたユウマ!!」
アカネ「どんな感じのお店ー?」
ユウマ「なんでもあるよ!!和洋中なんでもあるよ!!」
アカネ「ほっほー。いいねー!」




メニューの種類が多いのは助かりますね。
その時その時で違うもの食べたい、っていう時は特に。






アカネ「でもー?ユウマが美味しいって言うけどー、
    ユウマってけっこう子供舌じゃーん?」
アイ「あー、そうな。それな。小3ぐらいの感じな。」
アカネ「だよねー。」
ユウマ「そ、そんなことないもん!!」

フユ(だいたいあってる。)






ユウマ「大丈夫だから!!けっこうちゃんとしたお料理出るから!!」
アカネ「マージでー?信用おける情報かなー?」
ユウマ「信用!!!いっぱい信用!!!」
アカネ「信用全面押し過ぎwww」






アイ「フユも一緒に行ったんだろ?」
フユ「うん。」
アイ「どうだったよ?」
フユ「ベリーグッド。」
アカネ「お、信じられる情報!」
アイ「大丈夫そうだな。」
ユウマ「なんであたしそんなに信用無いの、食べるものに関してって!?」

アイ「ちなみにユウマは何食ってた?」






フユ「ミニハンバーグとミニスパゲッティー。あとプリン。」
アイ「ほぼお子様ランチじゃねーか。」

ユウマ「…だって…美味しいじゃん…。」




美味しいですよね、お子様ランチに入ってるメニュー。
大人向けお子様ランチとかやってるところもありますよね、
お子様ランチの内容で、味を大人向けにしたやつ。

ああいうのってなんていうんですかね?
大人様ランチ?






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村