忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > 記事一覧

もふもふ毛布



イオリ「お布団いっぱいかけて寝てるよ!」
アイ「おう、アタシもかけて寝てるよ。」
アカネ「アタシもー。」
イオリ「ぬくぬくで気持ちいいよねぇ。」
アイ「なー。」
アカネ「毛布最高だよねー。」
イオリ「ねー。」




お布団最高な季節ですね。
特に毛布。色々議論がありますね。
毛布は下に敷いたほうがいい、とか、
毛布は掛け布団の一番上がいい、とか。

でも僕はそんな議論を一蹴できる方法で寝てます。


ーーーーーーーーー厚がけに毛布のカバー
ーーーーーーーーー薄い毛布
ーーーーーーーーー厚い毛布
    ◯    ←泡崎
ーーーーーーーーー毛布地のシーツ
ーーーーーーーーー敷布団


これ。全 部 毛 布 。
今の時期は時々暑いですが、真冬になると最強です。






アカネ「朝、布団から出られなくない?」
イオリ「出られない!!」
アイ「絶対無理だよなぁ。」
アカネ「あと5分ー、ってやるよねー。」
アイ「やるやる。」
イオリ「イオリもやるー。」

アカネ「…5分で出たこと、ある?」






アイ・イオリ・アカネ(……ないなぁ…。)




まぁ出ませんよね、大概。

今の時期はまだ脱出出来ますが、
これから寒くなったらだいたい無理です。
ものすごい精神力を使って起きることになります。

起床が拷問ですね…。






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





PR

年頃の微妙さ



ユキトラ「あ、そうだ。今日からうちで面倒見てやるのが来るんだわ。」
アヤト「トラさん、また誰か面倒見るのか。」
ユキトラ「知り合いに頼まれてな。家庭環境が複雑とかそんなんだ。」
アヤト「そうか。まぁトラさんの所なら心配ないだろう。」
ユキトラ「っていうかよ、みんな俺のこと預かり屋かなんかだと思ってんのか?
     ちげーよ便利屋だけど預かり屋じゃねーんだよ。」







ユキトラ「まぁそういうわけだから、キズナ、新人イジメすんなよ。」
キズナ「…あのねぇ。あたしはお局様じゃないんだから。」
アヤト「はは、キズナなら大丈夫だよ。」






キズナ「新人、ね…。」






ユキトラ「…ってわけで、アユムだ。」
アユム「よろしく。世話になるわね。」
キズナ「うん。」

ユキトラ「じゃあ仲良くしろよお前ら。ケンカすんなよ。」
キズナ「ガキじゃないんだから…。」






ユキトラ「…とは言ったものの、心配だから見に来てみりゃ、何あの距離感…。」
アヤト「まぁ急には打ち解けられないだろう。」
ユキトラ「二人とも人見知りするほど繊細な神経してなさそうなんだけどな…。」
アヤト「それはそれで酷い言いようだ。」


キズナ「…。」
アユム「…。」
六郎太(俺、なんでここにいるんだろうねぇ…。)


ユキトラ「アレか、『なんか雰囲気似ててちょっと警戒してる』ってやつか。」
アヤト「確かに似てるかもしれないな。それならファッションの話とか…。」
ユキトラ「なんか絶妙に噛み合わないとかそんなんか。」




30分後…






キズナ「…ってわけ。ダサいでしょ、アイツ。」
アユム「はは、ヒドイね。」
キズナ「結局いつもそうなんだよね。間が抜けてるっていうかさ。」
アユム「大人としてどうかな、って感じ?」
キズナ「そうそう、それ。」


キズナ「あ、さっき甘いもの好きって言ってたじゃん。
    いい店紹介するよ。」
アユム「ありがと。助かるわ。」






ユキトラ「なんだよ、結局心配ねぇじゃねぇか。」
アヤト「こんなものさ、あの年頃の子たちは。」
ユキトラ「まぁ話始めちまえばあんな感じで仲良くなるか。
     あと俺のことバカにしてる話だよなアレ絶対そうだちくしょうアイツラ。」
アヤト「おそらくそうだろうな。」






お互い馴れ合わない、そんな微妙な距離感。
でも仲が悪い訳じゃない、そんな友人関係。
それが彼女たちにはちょうどいいようです。

アマル改め、アユム。よろしくお願いします。
人となりはまたいずれ。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





久しぶりの満足



ツイッターで色々やってたアレです。
本日パラボさんより47グレーテルとキャンディアイ紫が、
そしてDOLKさんよりウィッグが届きました。

で、完成したのが、上の写真。






正面。






もうちょい寄りで。






ななめー。






あっち →






← こっち




久しぶりに会心の出来です。
前から気になっていたヘッドですが、
最近はアニメヘッドばかりさわっていたので、
しばらくリアルヘッドには触れていませんでした。
やっぱりいいですねー、リアルヘッド。


ヘッドの出来も良いです。
非常にバランスがいいです。
そんなにコテコテ塗らないでも十分にいい表情になりますな。






グラビアポーズ。






横から。




会心の出来もあって、ものすごくお気に入りになりました。


名前の方は、ツイッターでは余り物の子だったので
「夜城 天流(余剰 余る)」などというヒドイ名前をつけましたが、
専用ヘッドに専用ウィッグを手に入れた今、
すでに余り物の子ではなくなったので…。
なにかいい名前を付けてやろうと思います。

あと、この子も少しグラマーにしたいので、
外皮が手に入ったら替えるかもしれません。
急に体型が変わっても見て見ぬふりで…。
何卒…。









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村






11/6 オフ会まとーめ



11/6、秋葉原でオフ会をしてまいりました。
ROCK’N DOLLさん(当ブログではlizzieさんでおなじみ)を幹事に、
もまこさん、はるさめさんとご一緒しました。
レンタル会議室的な場所をとっていただいたんですが、
非常に素晴らしい、快適な部屋でして。
上の写真の背景、部屋のデフォの壁紙なんスよ。すごい!!

そんな恵まれた環境でレッツドール撮影!!!






はしゃぐフユ。
お前はいつもそうやって無表情にはしゃぐな…。






はしゃぐ妖精さん。
お花の飾りが可愛いです。






はしゃぐアカネ。
いつもと変わらんテンションです。






もまこさんのおうちのちこちゃん。
天使じゃけぇマジ…。






はるさめさんのおうちのタケシ兄さん。
泡崎が自宅のトラさん以外で初めて遭遇したオビツ65系。
ビジュアドールさんのお人形は表情がいいですよね…。






イチャつきに後ろからはしゃぐアイとちこちゃん。
ズームイン朝とかの中継カメラの後ろで見切れるギャラリー的な。






餌付け。






近う寄れ。






メロンパンを崇めよ。






まふゆヘッドで集合。
今回はこれがやってみたかったのです。






ナンパされてる。






必殺うどん返し。






もらったメロンパンを頬張るちこちゃん。






おわかりいただけただろうか。






わりとカオスなテーブル。






はるさめさんのおうちのユウト君とlizzieさんのおうちのユウ子さん(暫定)。
ヘッドを挿げ替えしてユウ子さんになってるだけなので(暫定)です。
はるさめさんのおうちの方々は、とてもおしゃれさんでした。
泡崎のおうちの子とは大違いで軽く衝撃を受けました。

はるさめさんが猫好きだったようで、ねこぬいをいっぱい持ってきてくれました。
ねこぬい…いいよね…。






lizzieさん(左)とはるさめさん(右)の男前コラボ。
ちなみにlizzieさん、かぶってるハットを自作されたそうです。
かなりの完成度でした。すごい!

裁縫スキルのない泡崎はただただ感心するばかり。






妖精さんもコラボ。
可愛いのぅ可愛いのぅ。






最後は円になって。
これだけ集まるとなかなかの壮観でした。
すごく有意義な時間でした。






いかがでしたでしょうか。
久しぶりのオフ会だったのでとても楽しかったです。
集まった皆さんに大感謝であります!
定期的に開催したいね、という話だったので、
もしまた機会があれば参加できたらいいなと思います。

帰りはお買い物と飲み会で〆。
飲み会もすごく盛り上がりましたぞ。



以上、11/6のオフ会まとめでした。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村




オビツ製作所創業50周年!

タイトルの通りです。
本日11/3にオビツ製作所さんは50周年を迎えたと公式サイトトップで発表しました。
これはとてもすごいことだと思います。


オビツさんの商品を購入するようになったのは、
泡崎がまだドールに関してはズブの素人だった頃。
およそ8年前ですかね。
1/6で初めて触れて、その楽しさを覚えました。
約1年後、1/3に移行して本格的にドール沼へ。


それからはカナメ以外はオビツさん(プロデュース含む)の素体を購入し、
常にカスタム派としてやってきました。

新しい素体が出れば試してみる。
それぐらいオビツさんにはハマりきっております。

今ではドールたちがまるで本当の人間のように街を作り、
コミュニティを作り、日々楽しく暮らしています。
僕は学生演劇に身をおいていた時期がある人間なので、
こうやってドールたちを役者のように活動させて、
まるで劇作家のような楽しみがあることが本当に幸せです。






いつだって泡崎の側にはドールがいました。
色々ありましたし、現在進行形で色々あります。
このドールとの出会いがなければ、僕は潰れていたと思います。
それぐらい色々あります。

千葉ですので東北程ではなかったのですが、震災も経験しました。
震度5弱。部屋はぐちゃぐちゃ。
小さなフィギュアはいくつか破損し、それなりの額が水泡に帰しました。
幸いドールは無事でした。泣きたいぐらい安心しました。
少し不謹慎かもしれませんが、その時僕にとってドールはそれぐらいの存在でした。


今は少し面倒な事案に悩まされています。
ここでは少し言えないことなので内容までは公表しませんが、
常人ならとっくにキレてるレベルの事案です。
ですがドール活動を糧に頑張っております。
むしろこれがなければやっていけないぐらい心労がスゴイです。
誰が言ったか、ドールは癒し。
オビツさんのドールで遊んでいる時は少し忘れられる安らぎの時です。

(この事案が片付いた際には、ドールと関係ないことで恐縮ですが、
 ツイッターの方で顛末を一からご報告します。
 同じ苦しみを他の方が背負い込まないように。)





ドールを通じて色んな出会いがありました。
リアルでお会いした方やツイッター・ブログで交流のある方。
様々な出会いが日常を彩っています。
ドール全般を好きでいるわけですが、
やはりオビツ製作所さんの素体を使った、
いわゆるオビツドールを愛好する方との交友が多いです。
情報交換や素体の悩みなどを共有できる有難い存在。
この出会いは大切にしたいです。





私事が多くなりましたが、
オビツ製作所さん、創業50周年おめでとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
いつも我々が驚くようなサプライズを用意してくれるオビツさん。
今後も楽しみにしています。






最後に。
我が家の一番最初の1/3ドール、
ロビンとの出会いを作ってくれたオビツさんに感謝です。
ありがとうございます。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村