忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > まるかじりの日

まるかじりの日



イオリ「まめー。まめをうけてみろー。」
黒天丸「鬼は外、だろ。」
イオリ「たまには違う言葉でやらないと鬼さんも飽きちゃうよ?」
黒天丸「…飽きんよ。」




豆まきですね。
泡崎はもうやらないんですが、子供の頃はちゃんとやってました。
わりと地味な年中行事ですが、最近は恵方巻きや恵方スイーツなど、
各社節分ビジネスも始め、賑わってきましたね。






ロビン「イオリ、豆まきしてたの?」
イオリ「うん!悪い鬼さんやっつけた!」
ロビン「えらいね。」
イオリ「悪い鬼さんいなくなったから、良い鬼さんはイオリとお友達になれるね。」
ロビン「良い鬼?」
黒天丸「色んな人間がいるように、鬼にもきっと良い鬼がいるんだ、とさ。」
ロビン「そう…。…そうだね。」






ロビン(良い鬼…か。ホントにいるのかな…?)






イオリ「きっといるよ、良い鬼さん。
    優しい鬼さん、愉快な鬼さん、きっといるよ。
    良い鬼さんはイオリとお友達になるの。」
ロビン「そうだね。お友達、なれるね。」
イオリ「うん!」




昔話に「泣いた赤鬼」というお話があります。
人間と仲良くなりたい鬼の話です。
そして鬼にも友情があるというお話でもあります。
イオリはそういう鬼がいると信じています。

伝記ものなどでもしばしば善意の鬼が登場します。
鬼にも種類や人格のようなものもしっかりあって、
時には人間に味方する鬼も登場しますね。

イオリはそういうお話までは知らないかもしれませんが、
きっと優しい鬼もいると考えているのです。

我々人間が色々な性格をしているように。






アイ「おーっす。恵方巻きは買わなかったけどロールケーキが安かったから、
   とりあえずそっち買ってきたぜ!まるかじりしようぜ!!」
イオリ「うわあい!!楽しそう!!イオリも食べたい!!」
アイ「おう!お前らの分もあるからみんなでやるぞ!!」
黒天丸「ちゃんと切って食え。品がないぞ。」
アイ「バカヤロー!まるかじりしなきゃ意味ねぇんだよ!!
   いつ始まったか知らねぇ習慣だけど、やったほうが面白いだろ!
   品がねぇの上等だバカヤロー!お前にゃやんねぇぞ!一口しか!!」






ロビン(ふふ、いたね、すぐそばに。優しい鬼さん…。)




恵方巻きまるかじり、色々諸説ありな現代の習慣になりつつあるんですが、
泡崎はそのへんあんまり深く掘り下げたりしないほうが良いんじゃないかと思います。
変な感じになってしまっても、もう根付いてるもんで、
じゃあ今更ナシにしようか、というのもちょっとアレですし…。

アイのように、特に何も考えずに楽しんだもの勝ちだと思います。
美味しい海苔巻きやスイーツが食べられる日、
ついでに鬼も追い出して無病息災を祈りましょう。









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村






PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword