忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > びっくりひやひや

びっくりひやひや



マオ(ピャッ!!)
イオリ「わぁマオだ!びっくりしたねぇ。」
マオ(ぴょこぴょこ)
イオリ「お化けだと思っちゃった。マオで良かったー。」
ナナセ(マオも妖怪だけどね…。)




この歳になるとあまりびっくりすることもなくなってきます。
急に声をかけられた時や、急に視界の外から人が出てきた時ぐらいでしょうか。
なんにせよ、あんまりびっくりするのは好きじゃないです。

泡崎、意外とビビリなところがありまして。
お化け屋敷的なものはあまり好きじゃありません。
急に何かがドワオ!って出てくるのに弱いようです。
ホラー映画とかは大丈夫なんですがね…。
2次元と3次元の壁は厚い…。




イオリ「お化け屋敷ごっこだったんだー。」
マオ(こくり)
ナナセ「本物のお化け屋敷はこんな明るくないから、
    ここよりもっと迫力があるわね。」
イオリ「うーん、イオリはお化け屋敷は好きじゃないですなぁ。
    同じ遊園地ならコーヒーカップをぐるぐる回すのがいいなぁ。」
ナナセ「イオリはそういうほうが好きよね。」
イオリ「怖いのはイヤですなぁ。」




最近のお化け屋敷はすごく凝っているそうです。
お化け屋敷プロデューサーさんみたいなのがいますね。
その人が手がけるととにかく大盛況だそうです。

昔は子供だけでも入れたんですが、中には年齢制限付きのものもあるそうですな。
それだけおっそろしい内容になっているんだとか。
なんだかんだで出口まで辿り着くのがお化け屋敷ですが、
最近のは途中でリタイヤする人もいて、非常口的なものもあると聞きました。

本来恐怖っていうものは避けるべきものの一つだったんですが、
人間とは不思議なもの、もっと怖いものを…という妙な探究心があります。
怖いもの見たさとはこのことですかねぇ…。


僕はマオみたいな可愛い妖怪が出てくるぐらいならいいんですが。
萌えお化け屋敷。
どうですか、お化け屋敷プロデューサーさん!!











にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword