忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > お気に入りのパン

お気に入りのパン




















カナメ「…今、一人で食べようと思っただろう?」
アイ「…そんなことねぇよ…?」






最近泡崎のハマっているパンです。
サンクスに売ってます。

パンというより、書いてある通りタルトっぽいです。
味も書いてある通り、バター風味。
すげぇ、このパン書いてある事通りの商品だ。

外周はサックリしてますが、真ん中はフワフワ。
とても美味しいんですが。

超甘い。
お酒を飲んで「ウワー!スゴイアマイモノガタベタイヨー!」
ってなった時オススメ!!

ちなみに大きさは見ての通り。
普通のパンと同じ大きさです。
甘くてそこそこ大きいので、1つ食べるとスゴイ満足します。





どうでもいいことなんですがね。
泡崎のお気に入りになるパンは定番商品にならず、
さぁまた買いに行こう、とすると、商品棚から消えてることが多いです。
なんでだ!あんな美味しいのに!
という気分になります。

で、マーケティングの講師の方にお話を聞く機会があったので、
「僕がたまらなく愛する食べ物・飲み物が、ことごとく消えるんですが」
と、尋ねたところ、
「多分人気がなかったからではないでしょうか。
 一定以上売れれば定番化の可能性もありますが、
 イマイチだった場合は一度きりの商品になることが多いですね。」
という、身も蓋もない回答が帰って来ました。

つまり、少数派ということになります。
クソッ、なんて時代だ!!


メーカーさんに
「超美味しいんで定番化して下さい」
というお便りを送るのも効果的だそうです。
お客様の声っちゅーのは非常に参考になるそうなので、
もし「これは常に食べたい」というものがあったらお便りを出すのも手です。


それでも消えることがあるのはなんでですかね(白目





・コメント返し

>>lizzieさん
さすがナナセちゃん
>お約束ですね

ナナセが活き活きする季節がやって参りました。

>夏と言えば怪談ですよね
>小学生の頃テレビでよく特集してて
>面白くっていつも見てました
>子供ってこの手の怖い話大好きですよね

最近はあんまり怖すぎると苦情が来るらしいんで、
番組自体やらない風潮だそうです。
僕も子供の頃はよく観てました。
あと小学校から帰って、友人宅で何人か集まって怪談話大会とかもやりました。
部屋暗くして雰囲気出しながらやってましたなぁ。

>たしかにせっかく怖い話するんだし
>怖がってもらえないと意味無いですよね
>しかしナナセちゃん
>いつもよりなんか楽しそうな…


怪談は「うわ、怖ッ!」って言ってもらうのが褒め言葉。
やはり反応あってこそですな。
その点、ナナセはそういうのが上手いです。
わざわざ怖がってくれそうなメンバーを集めて話してるんですからね…。
呪い女の真骨頂です。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
PR

1 Comment

無題

サンクスですか
行動範囲内にはあるんですがちょっと不便なとこにあって
あんまり行かないですねそういえば
以前は通勤路にあったんですが…

おいしそうですね
今度サンクスに行ってみてみます

お気に入りが定番にならないはあるあるですね
買い支えてるのにいつの間にかなくなるという…
気づいた時には見かけなくなるあの悲しい感じ
濃厚バタースコッチタルトは定番化するといいですね


すごい久しぶりにカナメちゃんを見たような

むうちゃん片足立ちできるなんて…
マグネット無しですよね?
頭ちっさいからバランス取れるんですかね
それとも裸足だから?
ちびすけはコレできないんですよね
頭がでかいから…?

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword