忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドールの独り言 > ドールの独り言26

ドールの独り言26



カエデ「やあ。」
レオン「オイーッス。」
カエデ「今日はどうやらわたしの番らしいよ?
    さぁ、何を話そうかなぁ?」


カエデ「そろそろ暑くなってきたね。
    わたしはこんな格好してるからそんなに暑くないんだけど、
    夏物の服とかも必要になってくるね。」
レオン「女ノ子ガ薄着ニナッテ嬉シイゼー!」
カエデ「まぁ、コレは放っておいて。
    着る服についてなんだけどね。」


カエデ:

色で暑いとか寒いとかが変わるって知ってる?
暖色・寒色っていうのがあるんだ。
細かく言うと色々あるんだけど、ここでは簡単な、わかりやすい例で話すね。

赤と青。
よく反対色として扱われるけど、ほぼ真逆の位置にあるんだよー。
これを正式には補色っていうんだ。
正確には赤に対して青緑なんだけど、わかりやすく説明するために「青」とするね。
特に人間の心理効果に関しては「赤」と「青」のほうがわかりやすいからね。


こんな研究があってね、
室温が同じ真っ赤な部屋と真っ青な部屋に、体格・年齢がほぼ同じの男性に入ってもらう。
で、中で少し過ごしてもらってから、今度は部屋を入れ替わってもらう。
そうすると、赤い部屋にいた人は青い部屋のほうが涼しいと感じ、
青い部屋にいた人は赤い部屋が少し暑いと感じたんだ。

何でかわかるかな?
赤は火とかをイメージするから暑い・熱いと感じ、
青は水とかをイメージするから寒い・冷たいと感じるだけの話。
人間の心理効果と、火は熱い・水は冷たいと知っている遺伝子の記憶。
これが色から連想させただけなんだって。

青や緑を見ると落ち着く。
赤や橙を見ると元気になる。
こういう効果もあるね。
疲れた時は海や山、元気になりたい時は太陽の下。
それぞれ使い分けると自分のバイオリズムをコントロールできるんだね。



カエデ「ちょっと話が脱線しちゃったけど、
    要するに暑い時は青系の服を着ると自分も自分を見る人も涼しく感じる、
    っていう心理効果があるんだ。」
レオン「ヘェー。」
カエデ「もちろん人間の心理効果だから大きな差はあるかもしれないけど、
    割りと多い人数が色と寒暖について同意してるみたいだね。」
レオン「ヘェーヘェー。」
カエデ「今年の夏は青系の色を使って涼しく過ごしてみない?
    電気代の節約にもなるよ。」



カエデ「ちなみにデートの時に赤い服を着て行くと活発なイメージ、
    青い服を着て行くとクールなイメージになるんだって。
    だから相手の好みにあわせて着ていく服を決めるとモテちゃうかもね。」
レオン「エ、マジデ!ジャア俺スゲーゾ!カメレオンダカラ色ナンテ自由自在!」
カエデ「君の場合はまず相手を探したほうがいいね。」
レオン「オ、オウ…。」





にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword