忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドールの独り言 > ドールの独り言23

ドールの独り言23



カナメ「この家も人数が増えた。」
アイ「おう、増えたな。」
カナメ「無駄に増えるだけでは進歩が無い。
    そこで我々にも団結力という物が必要だと思う。」
イオリ「うん。」

カナメ「三本の矢、という逸話を知っているだろうか?」
ユキトラ「ああ。知ってるよ。」
カナメ「ならば話は早い。一本ならたやすく折れるが、三本なら折るのは難しい。
    我々も三本といわず全員が一丸となれば…」
アイ「でもそれ昔の矢の話だろ?」
カナメ「…?そうだが?」
アイ「お前、現代人なめんなよ?昔の矢なんて三本ぐらいまとめて折れるっつーの。
   昔のだぞ?そんな硬くねーだろ。」
カナメ「いや、たとえ話であって…」
イオリ「でも三本はなかなか折れないよー。」
カナメ「そう、三本なら…」
ユキトラ「じゃあこうするか、一本ずつ折る。
     三回に分けて折れば手間ぁかかるが確実だ。」
アイ「すげーな、トラさん天才だな。」
イオリ「感動した。」
ユキトラ「それともレスラーに折ってもらうか。」
アイ「レスラーならまとめて五本ぐらいいけるかな?」


カナメ(おかしい…。矢の側の話をしたはずなのに折る側の話になっている…。
    なんとか軌道修正しなければ言いたいことが伝わらないぞ…。)


アイ「で、何の話だっけ?」
ユキトラ「アレか、矢はもっと硬いほうがいいとかって話か。
     それは俺達じゃなくて弓道協会かなんかに相談しろよ。」
カナメ「…いや、それはもう忘れてくれ。
    ところでここにものすごい量のオムライスがあるとしよう。」
アイ「今度はオムライスか。」

カナメ「君達三人で30分以内に食べないと罰ゲームだ。どうする?」
アイ「ものすごい量ってどんぐらいだ?」
カナメ「そうだな…6人前ぐらいか。」
アイ「マジかー、多いなー。」
イオリ「イオリそんなに食べられないよー。」
アイ「じゃ、アタシとトラさんが2.5人前ずつ食ってイオリが一人前だな。」
ユキトラ「いや待て、俺ビール飲むぞ。そんなに食えねぇよ。」
アイ「大丈夫だ、オムライスはなぜかいけちまう魔法がある。食えるよ。」
イオリ「チームワークだね。」
カナメ「そう!チームワークだ!それすなわち団結りょ…」



アイ「なんかオムライス食いたくなってきたな。」
ユキトラ「食いに行くか。」
イオリ「イオリ、スパゲッティーがいい。」
ユキトラ「ファミレスだな。」
アイ「だな。」
イオリ「アイスも食べる。」












ロビン「…大丈夫、なんとなく伝わったと思うから。」
カナメ「…伝わっただろうか?」
ロビン「ええ、なんとなく、ね。」
カナメ「そうか、なんとなく、か…。」





にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

PR

1 Comment

ドールの独り言23

お兄さんカッコイイですね!!
切れ長の目がイイ感じですね
素ヘッドの状態からどうなるんだと思ってましたが
メイクするとこうなるんですね
タバコとサングラスもお似合いです

65と50の身長差リアルですね
大体普通の人間でもこのぐらいですよね
並ばせるには丁度イイぐらいですか

そしてユキトラ兄さん
完全に年下の女の子たちから舐められてますね…
マダオ臭(まるでダメなオッサン臭)がします…
カナメちゃんのほうが精神年齢高そうです…

ロビンちゃんとカナメちゃん…苦労しそうですね
そして60のロビンちゃんとDDのカナメちゃん
ロビンちゃんのがちょっと背が高いんですね

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword