忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > 簡単に作れる簡易レフ板

簡単に作れる簡易レフ板

今日ツイッターで某氏が「銀紙レフ板に使えね?」とおっしゃってまして。
アルミホイルで作るレフ板というものがあるので、老婆心ながらオススメしました。
せっかくなので今日は作り方を載せておきます。写真つきで。
ぶっちゃけると色んなカメラ系サイトさんで紹介されているものなので、
おいおいお前何番煎じやねんってところなんですが、
あると便利なので知らない方は知って頂けると撮影が捗ります。
オメーの説明わかんねーよ、という方は「アルミホイル レフ板」でググればすぐ出てきます。


まず材料。

ed4ab2f4.jpeg

・どこにでもあるアルミホイル
・板(板状ならなんでもいいス)
・セロハンテープ

これだけです。全部100均でそろうし、
変な話、アルミホイルとセロハンテープなんて家にあるものなんで買う必要ないです。
板も最悪ダンボールでもいいし。
スゲエ、タダで出来る。あとは己の腕次第(大げさ

んじゃ、やっていきましょう。

6486c2f4.jpeg

アルミホイルを板の長さにあわせて切って、そのあと上の写真のように丸めてください。
表面がくしゃくしゃになる程度でいいんで、親の敵のように丸めないでください。
で、もう一度開いてください。
ああ、作業中にアルミホイルで指とか切らないようにしてくださいね。
けっこう切れるんですよ。

「何でくしゃくしゃにするの?」
それはですね、光の加減をつくるためです。
そのまま使うと反射光が強過ぎます。
くしゃくしゃにすることで反射光をちょうど良くするんですね。
強い光を当てたい場合は丸めなくていいです。
強い光でいいのに丸めちゃいましたか。言うのが遅かったですかね。
おにぎりでも包んでおいてください。


次はアルミホイルを開きます。
破れやすいので気をつけてください。

3818ab0d.jpeg

はい、開いた。
向かって右側が表。左側が裏です。
「何で2枚あるの?」
実は裏と表では光の反射具合が微妙に違います。
表のほうが鏡面状なので、やはり反射光は強くなります。
裏は少し曇ってるんで反射光はやや弱くなります。
好きなほうを選んでください。
両方欲しい人。貪欲なまでの創作意欲に脱帽だよ!!
そういう人は板の片面ずつ違う方を貼り付けるとリバーシブルで裏表つかえます。
表は強い、裏は弱い。これでOK。っていうかオススメします。


edce2ac2.jpeg

はい、貼った。
はい、完成。
前述したように、表はアルミホイル表面、裏は同じく裏面にしてあるリバーシブル仕様。
5分で出来る!!時間が無くても作れるよ!!
もっと光が欲しい時はこれを二つ作ってブック状にして開いて使ってください。
ひとつだけでもそこそこ使えます。


…念のため言っておきますが、あくまで「簡易レフ板」ですよ?
本物のお高いやつと同じじゃありませんからね。
これウンコだ!って人はちゃんとしたやつ買いましょう。
ちなみに僕はちゃんとしたやつ持ってないです。


ではさっそく使ってみましょう。

白い被写体だと光が飛んでよくわからないなぁ。
真っ黒なやつないかなぁ。

b0f5e90b.jpeg

居た。


ってわけでナナセで撮影しましょう。


17612b87.jpeg

ほい、まずは簡易レフ板なし。
撮影環境は室内灯とスタンドライトのみです。
向かって正面左奥から照明を当ててます。


24d79e91.jpeg

簡易レフ板あり。
向かって右横から下に設置してます。斜め上向きに置くと顔に光が当たります。
あんまりかわってないように見えますが、向かって右の頬の影が薄くなりました。
余裕のある方は2つ3つ簡易レフ板を作って全方位から光を当てると、なお明るくなります。

昼間の明かりをつけた室内ということもあり効果は薄いですが、
自然光で撮る時などは効果を発揮します。逆光対策に使えます。
今日は曇ってるんで100%の効果は得られませんが、
自然光オンリーも一応載せておきます。


b154bbc6.jpeg

自然光のみ。簡易レフ板なし。
わかりやすくするために部屋の中の明かりは消してます。
逆光で顔が暗くなってます。


4329d3ae.jpeg

自然光のみ。簡易レフ板あり。
曇りの日でもこれぐらいには明るくなります。
僕の部屋は遮光カーテンで真っ暗なんで(日光アレルギーなので)
すごく暗く写りますが、皆さんの部屋なら窓から自然光が入ってきてる状態だと思うので、
まぁまず問題なく明るく撮れるでしょう。
生まれついての吸血鬼体質でごめんなちゃいww日光wwwマジww痛えwwwww
この写真は光が集められていない悪い例としてみてもらっても構いません(;゙゚'ω゚')

野外撮影をする時は全面ライティング状態なのでかなり明るくなり綺麗に撮れますが、
どうしても逆光がネックになってしまいます。
光の当たり方を気をつければ問題ないんですが、
どうしてもドールの後ろに撮りたい背景があるときなどは、そうは言っていられません。
そんな時、この簡易レフ板が役に立つかもしれません。
持ち運びできる大きさのものを作ればいつでも使えます。


というわけで、撮影をちょっとだけ明るくする簡易レフ板。
作ってみてはいかがでしょうか。



にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword