忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドールの独り言 > ドールの独り言その1

ドールの独り言その1

DSCN1983.JPG
ロビン :
「新年度。」
「春も到来。暖かくなってきたね。」

「リュウもそろそろ余震がなくなってきたから部屋を片付けようかと思ってるみたい。」
「フィギュア倒れてるままだし、部屋も掃除しなきゃね。」
「わたしも最近はずっと非常持ち出し袋に入れられてて退屈だった。」
「平常どおりの生活に戻る、かな。」

「世間ではまだ震災ムードだけど、みんな頑張って。」
「このブログはバカみたいなことを書いてるけど、みんなを応援してる。」
「わたしはドールだから何も手伝えないけど、応援はするね。」

「新しい季節が来て、気分も一新する時。」
「そう簡単に切り替えって出来ないかもしれないけど。」
「でも、前を見る事も大切。」

「わたし達はこのブログを更新する事でみんなと時間を共有する。」

「だから疲れたときとか、ふと気分を変えたいとき、ここに来て。」
「わたし達はいつもここにいる。」
「フィギュアやゲーム、リュウのくだらない雑記。そんなことしかないけど、変わらない。」
「変わらずに生活しているから。」

「みんなのために、なんて仰々しいことは言わないけど。」
「少しでもみんなと楽しめたらいいな、そう思う。」

「じゃあ、またね。」


・コメント返し

>>弦楽さん
>この地震で物が全然ない様ですね。
>私も(神姫なんですが)アーンヴァルテンペスタとストラーフラヴィーナが
>発売から1週間も経たずに売り切れていたので後悔しました…。

ロビン :
「千葉も流通が大変でした。何でも入荷が絞られてて。」
「元に戻ってきたけど、テンペスタとラヴィーナは残り少なめ。」
「欲しくても手に入らないのはとてもツライ、とリュウが言ってました。」
「手に入るなら欲しい時に買っておいたほうが吉、ということですね。」
「欲しい時が買い時。コレ鉄則。これもリュウが言ってた。…悔し涙流しながら。」
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword