忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > 雑記 > 俺とダンクーガ

俺とダンクーガ

子供の頃ダンクーガを観て「ちょうかっこいい!!(ダンクーガ出てこないけど」と思い、
大人になって観直したら、案外冗長で作画も安定してなくてアレな出来です。
ただ、ダンクーガに合体したあとからのストーリー展開は面白いです。
終盤、最終決戦は駆け足過ぎると思いますけどね。
白熱の終章とゴッドブレスを観る事前提で観ないと話がわかんないですよね。

TVシリーズは小さい頃観て、それから少し経ってから終章とゴッドブレス、小説と保管したので、
ダンクーガを全部楽しむのは、なかなか時間がかかりました。
でも、キャラクターの個性は今のアニメには無い強烈なものがありました。
実際、キャラだけはかなり認知されてたようですし。
あと主題歌とかもいいと思います。
子供心に、この作品には他のスーパーロボットとは違う熱があると思いました。

そんなダンクーガ少年がダンクーガ青年になった頃、ダンクーガノヴァが出来ました。
出来は・・・うーん。やっぱりダンクーガなんだなぁ、と。
作画は相変わらず安定してない。話が冗長。安心のダンクーガクウォリティー。

ただ、ダンクーガ青年はダンクーガだけでなく、大張作品をたくさん観ていたので、
ノヴァのなかに出てくるセルフパロディーやファンサービスに喜びました。
っていうか、他の大張監督が関わった作品を観てないと100%楽しめないかと。
主題歌はすごく良かったです。鳥の歌はOPアニメに合ってました。
歌がかっこいいので、泡崎は今でもよく聴いたり歌ったりしてます。
あとあんまり評判の良くない主人公達ですが、僕は好きです。

初代ダンクーガもスパロボに出るまではマイナーロボの一つでした。
僕は第三次スパロボあたりからダンクーガが欲しいなぁ、と思っていたので、
第四次に出たときはそれはそれは感動しました。
作中、コンVかダンクーガどっちを選ぶかという選択肢も、涙を飲んでコンVをエゥーゴに送りました。
あの頃のダンクーガは弱かったんです。熱血と気合がいっぱい使えるだけでした。
スパロボマジックでダンクーガが物凄く面白そうに見えたので、
ダンクーガ特有の面白くなさにやられた人が続出したものです。
泡崎的には好きな作品が面白くないといわれるのは悲しかったんですがね。
大張監督が絡んだ作品はとスパロボマジックですごく面白そうに見えます。
ぶっちゃけ原作よりスパロボに出てる方が面白いです。
監督、ゴメンなさい。でも僕、監督大好きですから。

ノヴァがスパロボ初デビューですが、ダンクーガ愛で使いたいと思います。
っていうか、鳥の歌をバックに戦闘できるのが楽しみです。
また発動するかな、スパロボマジック。ノヴァも面白いですよ。
PR

1 Comment

大張氏のメカデザ好きですぞ

ダンクーガ私も好きです。
が。
ノヴァは見てないのぅ。
大張的なノリ・・・。
無印グラヴィオンみたいな感じですか?。
その程度なら免疫十分だぜ?(笑

ああー、なつかしいねSFC時代のダンクーガ。
うんうん、弱かったねぇ。

空すら飛べないとか。
装甲も中途半端とか。
スーパー系なのに魂ないとか。
リアル系に毛の生えた程度のパワーしか無いとか。

・・・当時の開発者はダンクーガに恨みでもあったのか。不遇なんてもんじゃなかったと思います。
オーラバトラーとか、ぶっちぎり性能なのに。
ま、私も使ってましたが。愛だけで。

Lはどうしようかな・・・。

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword