忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドールの独り言

ドールの独り言30



アカネ「ゲームやってんの?」
アイ「アレだ、脳トレだ。」
アカネ「脳トレとかちょっと古くない?」
アイ「バカヤロー、頭をつかうのに新しいも古いもねーぜ。
   …でもちょっとわかんねー所があるから一緒に考えてくれよ。」
アカネ「オッケー。」



アイ「豊臣秀吉が行った政策、○狩り。
   あー、なんか聞いたことある。」
アカネ「狐じゃね?狐狩り。戦国時代っぽくね?」
アイ「それっぽいな。武将っぽい。よし、狐狩り、と。
   …バカヤロー違うじゃねーか!刀狩りじゃねーか!」
アカネ「あーはいはい。なんか中学校ぐらいで習ったわー。それだ。」


アイ「サイン・コサイン、あとひとつは?」
アカネ「サインで小サインなら大サインじゃね?」
アイ「サインは中ってところか。大サイン、と。
   …タンジェントだって。」
アカネ「じゃあ逆に聞くけどタンジェントって何?」
アイ「アタシが知るか。」





カナメ「まずい、これはまずい。まさかと思ってたがこれほどとは…。」
アイ「よお、どうした?」
カナメ「どうした、じゃない。もう少し危機感を持つんだ。
    今の問題ぐらい私達の年齢ならスラッと出てきて当然だぞ。」
アカネ「マジでー?アイが難易度高い問題やってるのかと思ったわー。」
カナメ「イージーだ!イージーレベルだ!」
アイ「ヤベェな。最近の教育レベル高ぇな。」
カナメ「違う!最近の教育レベルが高いんじゃない!
    こんなことは言いたくないが、君たちの知能レベルが低いんだ!」
アカネ「面と向かって言われると凹むわー。」
アイ「な。」
カナメ「本当に凹んでるのか!?」


カナメ「君たちはもう少し勉強した方がいい。
    正直な所、イオリとあまり変わらないぞ。」
アイ「いや、それは言いすぎだろ!?そこまでひどくねぇよ!」
アカネ「でもまぁ、勉強してないっていうのはそうかな。」
カナメ「自覚があるならやるんだ。
    100点とは言わない。せめて70~80点ぐらいは欲しい。」
アイ「うーん、ハードル高いぜ。」


カナメ「わかった。では50点にしよう。それならなんとかなるだろう?」
アイ「おいおい、それはちょっとナメすぎだろ。
   そこまで見くびられると凹むぜ。」
アカネ「ね。」
カナメ「…本当に凹んでいるのか?」






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

PR

ドールの独り言29

 

ユキトラ :

うーっす。
急に涼しくなってきたな。
いつまでも暑いよりはいいんだけどな。
気ぃ抜くと風邪ひくから気をつけろよ。



この間うちの連中を観察してたんだがな。

10代、元気良すぎねぇか?

なんであいつら朝7時から夜11時までフル活動できんだよ。
なんもない日なんて一日遊んでるぞ。
とんでもねぇやつらだな。


で、ふと俺のガキの頃を思い出してみたんだけどな。

俺も一日中遊んでたわ。
寝ずに遊んでたこともあったわ。

そう考えるとなんか嫌な感じになるな。
老いた感がスゲェ。スゲェよ。立ち直れねぇ。
まだ30だから大丈夫だろって思ってんだけどな。
いや、実際大丈夫なんだよ。うん、全然な。いや本当だって。



でな、遊んで帰ってくるだろ、あいつらが。

部屋の温度が2℃上がるんだよ。奴らの体温で。
あちーあちー言いながら冷房ガンガン下げやがる。
こっちはな、もうお前らほど代謝良くねぇんだよ。寒いんだよ。
26℃とかけっこう限界なんだよ。

でもどう考えても多数決で俺の意見通らねぇだろ?
で、庭に出るんだよ。そこで一服しながら思うんだ。


あれ、俺独身なのにお父さんみたいになってる


ってな。
お父さん方の気持ちわかっちゃったよ。
しかも女ばっかりの大家族のお父さんタイプのやつが。



悪いな、なんか愚痴っぽくなって。

元気なのはいいことだよ。
連中もまだ10代だ。遊び倒すのもわかるしな。
今はいっぱい遊んどけってこったな。

大人にしか出来ないこともある。
子供にしか出来ないこともある。
どっちがいいかは選ぶには難しいな。


もうすぐ夏休みも終わりだ。

みんなも夏休みの宿題終わってない子供が泣きついてきたら、
大人の余裕を持ってこう言ってやろうぜ。


大人はお前らの宿題手伝うマンじゃねーんだよバーカバーカ!!


…ちょっとスッキリしたぜ。
それじゃあな。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

ドールの独り言28



キズナ :

ん?…あ、今日わたしの番か。


みんな、アウトドア派?それともインドア派?
わたしはどっちかっていうとインドア派なんだよね。
この季節だと冷房効いた部屋で音楽とか聞きながらゆっくりしたいんだ。


夏はアウトドア派の人、活き活きしてるよね。
キャンプ行ったり海行ったりするからかな。

アウトドアってさ、結構お金かかるらしいね。
一番驚いたのはキャンピングカーってやつ。
まぁアレもピンからキリなんだろうけど、
本格的なやつはちょっとしたビジネスホテル並みの快適さはあるらしいね。

車中泊が流行ってるって聞いたんだよね。
インドア派だけどあれはちょっと憧れるかなー。
車の中で寝るっていう「非日常」がいいのかな。


インドアだっていいところあるんだよ?
まず、時間を気にしなくてもいい。
あと誰かを気にしなくてもいい。
全部マイペースにしててOK。
アウトドアだと時間通りにやらないと色々予定が詰まっちゃうじゃん。
でもインドアはそんなことない。
やりたいときに気が向いたらでいいんだから。

ま、どっちがいいかは個人の趣味だね。


でもどっちも気をつけなきゃいけないのは熱中症。
外ではもちろん、冷房効いた部屋でも熱中症になるからね。
適度に水分とらなきゃね。



じゃ、こんなところかな。バイバイ。









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

ドールの独り言27



ロビン「このブログ、いつの間にか2万アクセスしてたのね。」
黒天丸「ほう。3年半で2万か。」
ロビン「それがどのくらいなのかはよくわからないけど、
    見に来てくれるみんなには感謝ね。」
黒天丸「よく見に来るものだな。こんな毒にも薬にもならんものを。」
ロビン「ふふっ。」


ロビン「みんな何を目的で来てくれてるのかな?」
黒天丸「アクセス解析で見てみろ。」
ロビン「ええ。」


ロビン「ここ一ヶ月でブックマーク・リンク以外で一番多いアクセスは…、
    『オビツ65』関連ね。」
黒天丸「ユキトラ効果か。」
ロビン「そうみたい。まだオビツ65男性のオーナーさんが少ないから、
    うちのブログにどんな感じか見に来てくれるのかな?」
黒天丸「あのデクノボウもそれなりに役に立ってる、ということか。」
ロビン「トラさんはいい人よ。木偶の坊じゃないわ。」
黒天丸「役に立つデクノボウか。」
ロビン「…もう。口が悪い。」


ロビン「次は…『ドール 色移り 落とし方』とか『ドール 手入れ』とか、
    そういうお手入れ関連のワードね。」
黒天丸「この時期は特にな。皆、同じ悩みを抱えてるわけだな。」
ロビン「黒い服ってかっこいいから、みんな着せたいんだよね。
    そうするとやっぱり色移りが気になるのね。」
黒天丸「このブログでは解決策をあまり紹介してないな。」
ロビン「…厳密に言うと『絶対色移りが落ちる』とか、
    『絶対色移りしない』っていう方法がないから、
    書いてるリュウも断言しないみたい。」
黒天丸「なるほどな。」


黒天丸「次は何だ?」
ロビン「『プチフェアリー』関連、かな。」
黒天丸「なぎ効果だな。」
ロビン「プチフェアリーヘッドは最近発売されたからこの一ヶ月で集中したみたい。」
黒天丸「人気だな。」
ロビン「だって、可愛いもの。」


ロビン「こんなのもあるよ。『1/3 武器』。」
黒天丸「そういえば何回か紹介したな。」
ロビン「これ系はイベントに行かないと手に入れづらいね。」


ロビン「色々あるね。でもみんなが見に来てくれるから私達もリュウも楽しくできる。
    本当にありがとう。これからもよろしくね。
    定期的に見に来てくれてる方もありがとう。
    ブログ更新の励みになるって、リュウが言ってるよ。」
黒天丸「うちにいる連中も、揃いも揃ってロクなのがいないが、
    騒がしさだけなら十分すぎる。
    …気が沈んだ時にでも見に来ればいいさ。」
ロビン「ふふ、そうね。」






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

ドールの独り言26



カエデ「やあ。」
レオン「オイーッス。」
カエデ「今日はどうやらわたしの番らしいよ?
    さぁ、何を話そうかなぁ?」


カエデ「そろそろ暑くなってきたね。
    わたしはこんな格好してるからそんなに暑くないんだけど、
    夏物の服とかも必要になってくるね。」
レオン「女ノ子ガ薄着ニナッテ嬉シイゼー!」
カエデ「まぁ、コレは放っておいて。
    着る服についてなんだけどね。」


カエデ:

色で暑いとか寒いとかが変わるって知ってる?
暖色・寒色っていうのがあるんだ。
細かく言うと色々あるんだけど、ここでは簡単な、わかりやすい例で話すね。

赤と青。
よく反対色として扱われるけど、ほぼ真逆の位置にあるんだよー。
これを正式には補色っていうんだ。
正確には赤に対して青緑なんだけど、わかりやすく説明するために「青」とするね。
特に人間の心理効果に関しては「赤」と「青」のほうがわかりやすいからね。


こんな研究があってね、
室温が同じ真っ赤な部屋と真っ青な部屋に、体格・年齢がほぼ同じの男性に入ってもらう。
で、中で少し過ごしてもらってから、今度は部屋を入れ替わってもらう。
そうすると、赤い部屋にいた人は青い部屋のほうが涼しいと感じ、
青い部屋にいた人は赤い部屋が少し暑いと感じたんだ。

何でかわかるかな?
赤は火とかをイメージするから暑い・熱いと感じ、
青は水とかをイメージするから寒い・冷たいと感じるだけの話。
人間の心理効果と、火は熱い・水は冷たいと知っている遺伝子の記憶。
これが色から連想させただけなんだって。

青や緑を見ると落ち着く。
赤や橙を見ると元気になる。
こういう効果もあるね。
疲れた時は海や山、元気になりたい時は太陽の下。
それぞれ使い分けると自分のバイオリズムをコントロールできるんだね。



カエデ「ちょっと話が脱線しちゃったけど、
    要するに暑い時は青系の服を着ると自分も自分を見る人も涼しく感じる、
    っていう心理効果があるんだ。」
レオン「ヘェー。」
カエデ「もちろん人間の心理効果だから大きな差はあるかもしれないけど、
    割りと多い人数が色と寒暖について同意してるみたいだね。」
レオン「ヘェーヘェー。」
カエデ「今年の夏は青系の色を使って涼しく過ごしてみない?
    電気代の節約にもなるよ。」



カエデ「ちなみにデートの時に赤い服を着て行くと活発なイメージ、
    青い服を着て行くとクールなイメージになるんだって。
    だから相手の好みにあわせて着ていく服を決めるとモテちゃうかもね。」
レオン「エ、マジデ!ジャア俺スゲーゾ!カメレオンダカラ色ナンテ自由自在!」
カエデ「君の場合はまず相手を探したほうがいいね。」
レオン「オ、オウ…。」





にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村