忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > 記事一覧

11/6 オフ会まとーめ



11/6、秋葉原でオフ会をしてまいりました。
ROCK’N DOLLさん(当ブログではlizzieさんでおなじみ)を幹事に、
もまこさん、はるさめさんとご一緒しました。
レンタル会議室的な場所をとっていただいたんですが、
非常に素晴らしい、快適な部屋でして。
上の写真の背景、部屋のデフォの壁紙なんスよ。すごい!!

そんな恵まれた環境でレッツドール撮影!!!






はしゃぐフユ。
お前はいつもそうやって無表情にはしゃぐな…。






はしゃぐ妖精さん。
お花の飾りが可愛いです。






はしゃぐアカネ。
いつもと変わらんテンションです。






もまこさんのおうちのちこちゃん。
天使じゃけぇマジ…。






はるさめさんのおうちのタケシ兄さん。
泡崎が自宅のトラさん以外で初めて遭遇したオビツ65系。
ビジュアドールさんのお人形は表情がいいですよね…。






イチャつきに後ろからはしゃぐアイとちこちゃん。
ズームイン朝とかの中継カメラの後ろで見切れるギャラリー的な。






餌付け。






近う寄れ。






メロンパンを崇めよ。






まふゆヘッドで集合。
今回はこれがやってみたかったのです。






ナンパされてる。






必殺うどん返し。






もらったメロンパンを頬張るちこちゃん。






おわかりいただけただろうか。






わりとカオスなテーブル。






はるさめさんのおうちのユウト君とlizzieさんのおうちのユウ子さん(暫定)。
ヘッドを挿げ替えしてユウ子さんになってるだけなので(暫定)です。
はるさめさんのおうちの方々は、とてもおしゃれさんでした。
泡崎のおうちの子とは大違いで軽く衝撃を受けました。

はるさめさんが猫好きだったようで、ねこぬいをいっぱい持ってきてくれました。
ねこぬい…いいよね…。






lizzieさん(左)とはるさめさん(右)の男前コラボ。
ちなみにlizzieさん、かぶってるハットを自作されたそうです。
かなりの完成度でした。すごい!

裁縫スキルのない泡崎はただただ感心するばかり。






妖精さんもコラボ。
可愛いのぅ可愛いのぅ。






最後は円になって。
これだけ集まるとなかなかの壮観でした。
すごく有意義な時間でした。






いかがでしたでしょうか。
久しぶりのオフ会だったのでとても楽しかったです。
集まった皆さんに大感謝であります!
定期的に開催したいね、という話だったので、
もしまた機会があれば参加できたらいいなと思います。

帰りはお買い物と飲み会で〆。
飲み会もすごく盛り上がりましたぞ。



以上、11/6のオフ会まとめでした。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村




PR

オビツ製作所創業50周年!

タイトルの通りです。
本日11/3にオビツ製作所さんは50周年を迎えたと公式サイトトップで発表しました。
これはとてもすごいことだと思います。


オビツさんの商品を購入するようになったのは、
泡崎がまだドールに関してはズブの素人だった頃。
およそ8年前ですかね。
1/6で初めて触れて、その楽しさを覚えました。
約1年後、1/3に移行して本格的にドール沼へ。


それからはカナメ以外はオビツさん(プロデュース含む)の素体を購入し、
常にカスタム派としてやってきました。

新しい素体が出れば試してみる。
それぐらいオビツさんにはハマりきっております。

今ではドールたちがまるで本当の人間のように街を作り、
コミュニティを作り、日々楽しく暮らしています。
僕は学生演劇に身をおいていた時期がある人間なので、
こうやってドールたちを役者のように活動させて、
まるで劇作家のような楽しみがあることが本当に幸せです。






いつだって泡崎の側にはドールがいました。
色々ありましたし、現在進行形で色々あります。
このドールとの出会いがなければ、僕は潰れていたと思います。
それぐらい色々あります。

千葉ですので東北程ではなかったのですが、震災も経験しました。
震度5弱。部屋はぐちゃぐちゃ。
小さなフィギュアはいくつか破損し、それなりの額が水泡に帰しました。
幸いドールは無事でした。泣きたいぐらい安心しました。
少し不謹慎かもしれませんが、その時僕にとってドールはそれぐらいの存在でした。


今は少し面倒な事案に悩まされています。
ここでは少し言えないことなので内容までは公表しませんが、
常人ならとっくにキレてるレベルの事案です。
ですがドール活動を糧に頑張っております。
むしろこれがなければやっていけないぐらい心労がスゴイです。
誰が言ったか、ドールは癒し。
オビツさんのドールで遊んでいる時は少し忘れられる安らぎの時です。

(この事案が片付いた際には、ドールと関係ないことで恐縮ですが、
 ツイッターの方で顛末を一からご報告します。
 同じ苦しみを他の方が背負い込まないように。)





ドールを通じて色んな出会いがありました。
リアルでお会いした方やツイッター・ブログで交流のある方。
様々な出会いが日常を彩っています。
ドール全般を好きでいるわけですが、
やはりオビツ製作所さんの素体を使った、
いわゆるオビツドールを愛好する方との交友が多いです。
情報交換や素体の悩みなどを共有できる有難い存在。
この出会いは大切にしたいです。





私事が多くなりましたが、
オビツ製作所さん、創業50周年おめでとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
いつも我々が驚くようなサプライズを用意してくれるオビツさん。
今後も楽しみにしています。






最後に。
我が家の一番最初の1/3ドール、
ロビンとの出会いを作ってくれたオビツさんに感謝です。
ありがとうございます。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





トリトリ



イオリ「とりっく おあ とりーと!」
マオ(ぴょこぴょこ!)
ユキトラ「おー来たなチビども。」
イオリ「トラさーん!とりーと!!!」
マオ(ぴょこぴょこ!)
ユキトラ「おうおう、わかってるって。」






ユキトラ「ほれ。」
イオリ「うわあい!ドーナツだ!!」
マオ(嬉しい)

イオリ「トラさんありがとう!!」
マオ(ぺこり)
ユキトラ「おう。まぁ年一行事だからな。」






ナナセ「どうも。」
ユキトラ「お前がコスプレする必要があるのかどうかって感じだが、
     まぁ菓子でも持ってくか。」
ナナセ「お菓子で喜ぶ子供でもないから、私はいらないわ。
    そうね、どちらかというと…」






ナナセ「お金かしら?」
ユキトラ「バカヤローお前、それは世間的には強盗っていうんだよ。」




ハロウィンですな。
日本でもここ数年で急な盛り上がりを見せていますが、
泡崎世代の人はあまりピンときてないんじゃないでしょうか。
正直ゲームのメガテンに出てくるジャックランタンぐらいの認識しかないです。






ユキトラ「アイ達バカゴレンジャーは朝っぱらから来たし、
     これで一通り配り終えたか。」






キズナ「…。」
ユキトラ「…。」

ユキトラ「なんだよ。」
キズナ「単刀直入に言うと『あたしにも甘いものちょうだい』ってこと。」
ユキトラ「もうねぇよ。全部配っちまった。」
キズナ「…使えない大人。」
ユキトラ「ヒデェ言われようだなオイ。」






ユキトラ「…あー、あったあった。冷凍庫開けてみろ。」
キズナ「アイス?」



キズナ「…冷凍みかんって…。」
ユキトラ「甘いぞ、それ。」
キズナ「甘さのベクトルが違うっての…。」




冷凍みかん、わりと嫌いじゃないです。
小学校の給食のデザートでよく出ました。
キズナ的には違うものを期待してたようですが、
世の中そんなに『甘く』ないようで。




・コメント返し

>>たぬきちさん
犬用の靴下、椅子の靴下どちらもドール穿けますし、
>文房具用の鉛筆キャップとか飲み物の形してるのとかすごく丁度良いですし、
>お弁当の形をした鉛筆削りも丁度いいサイズですし、
>本当にドール者の人が居るのでは?と何度か思いました。


ダイソー・セリア・キャンドゥあたりはホントに大小ドールで使えるものが、
それこそドールショップの一角並の数があったりしてすごいですよね。
店舗によってあったりなかったりみたいですが、
売れると新しいのが入るあたり、
「やはりドール者が…」
と思ってしまいます。

文具系の小物もいっぱいありますよね。
挙げてもらったの以外だと消しゴムとか。

百均、便利なもの買いに行く以外の楽しみがあります!








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村









小物探索結果



アカネ「のぅ、アイどん。」
アイ「なんじゃ、アカネどん。」
アカネ「甘いもの食べたくね?」
アイ「おー、そうだなぁ。食いたいな。」
アカネ「じゃさ、ちょっと食べに行こうよ!」






アカネ「いやー、クレープ最高すぎでしょ。」
アイ「ホイップクリーム最高だな。」
アカネ「あまーーーーい!!」
アイ「あまーーーーい!!」




翌日…






アイ「さぁて、今日のおやつは何にするかな。」
アカネ「今日あっついからアイスが良くね?」
アイ「だな。」






アイ「うめぇうめぇ。」
アカネ「っていうか暑くても寒くてもアイス美味しいよね。」
アイ「美味いもんってのはな、季節選ばず美味いんだよ。」
アイ「でたーwww
   名言キターwww」











キリエ(なんであの二人、太んねぇだべか…?)






アイとアカネが食べてるアイスとクレープ、
本日ダイソーで発見しました。
キーホルダー・ストラップコーナーにありましたぞ。

キリエが食べてるかき氷も同じ場所に陳列されてました。
イチゴの他にレモンもありました。

他にもお寿司マスコットやドーナツ、ワッフル等、
スイーツ系や食べ物系のキーホルダー・ストラップがありましたね。

最近ガチでうちの近所のダイソーがこういうものを入荷するようになってきて、
「あれ?もしかしたらホントに同士(ドールユーザー)がいるんじゃね?」
と思うようになってきました。

わりと出来がいいです。
それこそドールショップで買えば400~500円ぐらいするんじゃないかという。


みなさんも暇な時に100均周ってみるといいですぞ。
普段見ないような・用事もないようなコーナーもオススメです。
意外とこういうものも売っていますんで。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





会ってみたい



テッペー「なぁなぁ、なぁなぁアイよォ、
     ここにはロビンちゃんっていうエラい可愛い子いるんだろ?」
アイ「おう、いるぞ。」
テッペー「俺さぁ、まだ会ったことねぇんだよね。
     会わせてくれよー、頼むよー!」






アイ「うーん。」
テッペー「なんだよ、考え込んで。」
アイ「ダメだ。会わせねぇ。」
テッペー「オイオイなんでだよ!」






テッペー「頼むって!!頼むからさァ!!お願い!!」
アイ「じゃあ絶対何もすんなよ?いいな!」
テッペー「何もしねぇって!!俺を何だと思ってんだよォ!?」




アイにとってロビンは代え難い大事な友だち。
変なことをしようとするやつは許さないのだ。

テッペー…。
お前はそんな感じに思われてたんだな…。






アイ「…ってなわけでコイツがテッペーだ。」
ロビン「こんにちはテッペー。よろしくね。」
テッペー「お、おう!よろしく!!」






テッペー(何だよ何だよ!可愛いどころじゃねぇじゃねぇか!
     美人さんだぜ、美人さん!!
     ウヒョー!お知り合いになれて超ウレシイぜー!!!)






アイ「はい、終わり!さ、帰れ帰れ!!」
テッペー「え!?もう終わりかよォ!?」
アイ「あたりめーだ!お前とロビンじゃ住む世界が違うぜ!」
テッペー「何言ってんだ!同じ街に住んでるぜ!!」
アイ「バッキャロー!そういう意味じゃねぇ!
   ランクだ。ランクの問題だ!
   お前はなぁ…ダンゴムシ!
   ロビンはカブトムシだ!!」
ロビン「…私、カブトムシなの?」

テッペー「もうちょっとお話させてくれよォ…。」
アイ「ダメだ!あとお前の言葉じゃ通じねぇ!言語が違う!」
テッペー「同じだって!日本語だって!!」

ロビン(なにか…わけがわからないことになってる…。)




ダンゴムシは言い過ぎだろうて…。
テッペーも特に不純な気持ちはないようですが、
アイが鉄壁の守りを見せています。
これは脈がない…。どうあがいても無理だ…。

テッペーは女の子にはわりとこんな感じ、という設定です。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村