忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > チーム

チーム

以前知人に
「泡崎のところのヤンキードール達はチームとかあるの?」
という質問をいただきまして。

シチローやテッペーは登場した際に
「多くの舎弟がいる」
という設定も出したりしましたが、
詳しいことを書いたりはしてませんでしたね。

そんなわけで、設定してあるところを書いておきます。
なお、彼らが住む街は「架空の千葉某所」という設定で、
ヤンキーが多い地域で過ごしているので、
わりとチームなんかがある、という感じです。
(実在の名称等とは一切関係ありません)






・アイ
 所属 : インビンシブル

以前は無所属でしたが、実力や知名度を買われ、
世話になっていた先輩から継いだ状態です。
上下関係などはあまり強くないチームですが、
名が示す通り、無敵です。
家庭に恵まれない少年少女もアイが面倒を見ます。






・シチロー
 所属 : マイトバッシュ
 
シチロー率いるマイトバッシュは街で一番の腕っぷしという設定です。
人数が少なく、シチローの人柄に惚れ込み敬愛するヤンキーが集います。
ただ、街一番、というのは伊達じゃなく、少人数ながら喧嘩は苛烈です。
シチローもあまり群れるのが好きではない質なので、ちょうどよいようです。
住む街が好きなシチローの意向もあり、自警団的な存在でもあります。






・アキラ
 所属 : ジョーカー

アキラ率いるチームは全員女性という、いわゆるレディースです。
アキラの生い立ちと同じく「自分の行き場のない人間」を集め、
必要以上の悪さをしないよう面倒を見ているという、
彼女たちの「帰る家」のような存在です。
また、喧嘩は否定せず、自分のやり場のない力の発散方法として、
自分の存在を守るものとして、ある程度のものなら許されています。






・テッペー
 所属 : ベノム

テッペー率いるベノムは、街で最大のヤンキーチームです。
基本的に荒くれが集まりますが、統制は完璧です。
テッペーはどうにもアホなイメージが強いですが、
ヤンキーとしてのカリスマはあるので、
チームの知名度やテッペーの功績など、入ってくる人の動機は様々。
それを全部受け入れ、管理しているのがテッペーです。意外と懐は深いです。






・シズカ
 所属 :バタフライ

急に出てきたので「誰?」という感じですが、
当ブログ9周年記念キャラです(唐突)。
シズカの人となりはまた後でということで。

シズカ率いるバタフライは、他のチームと違い、
少々危ない連中が集まるところでもあります。
シズカ自体が容易に感情や行動を読み取れる人物ではないので、
街では少し危険視されることもあります。




設定的にはもう1つチームがあるのですが、
それはまたしばらくしてヤンキーが増えた時に披露するかと思います。

彼らは抗争を目的でチームを持っているわけではありません。
この街で「自分」という存在を示し、何かを残す、という目的があります。
それは「強さ」であったり「プライド」であったり「仲間」であったり。
様々です。




そういえば…。






・リュウジ
 所属 : 無所属

彼は何かに縛られることを嫌うので無所属です。
喧嘩が行われているとフラッとやってきて混じり、
最終的に両方を倒し一人勝ちしてまたフラッと消えます。
街ではある意味一番の危険人物として有名です。



コイツもいました。
チームに属さないのもいます。






世間では鼻つまみ者の「ヤンキー」という存在ですが、
泡崎は、彼らは自分という存在を強く表現したい者の集まりだと思っています。
そういう存在は古来より「傾奇者」というものであったり、
時代時代で形と呼び名を変え存在しています。


不良賛歌する気はないです。
彼らは自分たちを「悪」であるという自覚があります。
世間の鼻つまみである自覚もあります。はみ出してる自覚もあるでしょう。
それでもやりきれない何かを表現するために、
この珍妙な毎日を送っているのだと思います。


その一番わかり易い表現として、
泡崎は彼らに必ず「黒」を取り入れることにしています。
世間的には「黒」=「悪」というのもありますし、
「混じりけのない色」という表現の1つでもあります。


彼らは彼らの毎日を送っています。
普通の人間には理解できない存在。そういうものなんでしょう。









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村







PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword