忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > 小さいドール > かわいいぞ!

かわいいぞ!

───ここはみんなが知ってる世界とはまた別の世界。
───あの子やあの子もちゃんと学校に行ってる世界。
───さぁ、みんなの知らないもう一つのインバーターインベーダーが始まる。






アイ「動物飼いてーなー。」
アカネ「犬オススメ!超かわいいよ!!」
アイ「そういやアカネん家は飼ってたな。」
アカネ「うん!チャコ太郎くん!!」
アイ「そうそう、チャコ太な。」




どうやらアイもペットを飼ってみたいようです。
泡崎も昔、ハムスターや金魚を飼ってました。
犬や猫を飼ったことはないんですが、
友人宅や親戚の家ではいたりしたんで、結構羨ましかったです。






アカネ「やっぱねー、うちのチャコ太郎くんが世界一かわいいよ。」
アイ「まぁ飼ってるやつはみんなそう言うよな。
   自分のとこのが一番かわいいって。そりゃそうだな。」
アカネ「ちがうちがう。マジで世界一かわいいって。
    かわいさが世界レベルってこと。しかも世界でトップってこと。」






アイ「いやお前それはさすがに親バカにも程があんだろ。」
アカネ「いやいやそんなこと無いって。すごいお利口だし。」
アイ「まぁお利口はお利口だな。無駄吠えとかしねーし。」
アカネ「でしょ?あとお手もするし。」
アイ「それは標準装備みたいなもんだろ、犬の。」




お手もしない子はしませんけどね。
ちゃんと躾けないと大変ですよね。
なんかのTVで観たんですけど、
「犬が悪いんじゃない。飼い主が悪いんだ。」
っていう言葉が出てきて、はーなるほどな、って思いました。






アカネ「世界一だって、チャコ太郎くん。」
アイ「世界のハードル低いって。
   それだと例のCMの白い犬なんて宇宙レベルだぞ。」
アカネ「じゃあチャコ太郎くんが真の宇宙一じゃん。」




アカネは自分の家の犬が大好きな様子。
でも泡崎はこれは決して悪いことではないと思います。
自分の家の子が一番かわいいと思えるからこそ、
最期の時までちゃんと面倒を見て、共に暮らしていけるわけで。
大事なことだと思います。






フユ「…かわいさに貴賎なし。」
アイ「まぁ最終的にはそうなるわな。」
アカネ「そうなんだけどね。」




みんなかわいい。
みんなだいすき。

それもいいと思います。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村







PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword