忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > 夏の風物詩・スイカ割り

夏の風物詩・スイカ割り



アカネ「夏!到来!!」
イオリ「とうらい!」
アカネ「海行くっしょ!」
イオリ「行きたい!!」
アイ「おー、もうそんな季節かよ。」






アイ「ま、夏っつったらやっぱ海だわな。
   よっしゃ、もうちょいしたら行くか!」






イオリ「イオリ、スイカ割りしたい。」
アカネ「割ろう!割っちゃおう!!」
イオリ「当てるぞー!」






アイ「うーし、割っちまうか!スイカ!」
イオリ「やったー!スイカ割りー!!」
アカネ「泳いでースイカ割りしてー!ヤッバ!楽しみー!」




スイカ割りではしゃぐ3人。
泡崎はちょっと日光と海水が苦手なんで行くことはないんですが、
毎年行く友人の話ではなんだかんだでスイカ割りやってる人、いるそうです。
子供の頃以来やってないんですが、やはり伝統芸能スイカ割り。
根強い人気みたいですね。






レオ「何やら、はしゃいでるね。」
アイ「おう!海でスイカ割りやるんだ!」
アカネ「2個ぐらい割るし。」
イオリ「割る!!!」






レオ「じゃあ医者的立場からちょっと一言ね。
   砂浜には雑菌がいっぱいだから、
   スイカ割りする時は必ずシートを引いてやること。
   シートからはみ出たスイカは食べないこと。」
アイ「はみ出たの、食べたらどうなんだ?」
レオ「お腹壊すかもしれないよ。シートの上のやつだけ食べるんだよ。
   あと割ったらすぐ食べること。炎天下で弱るからね。」
イオリ「はーい。」

レオ「割る前は日陰においておくかクーラーボックスで冷やしとくかすること。
   あんまり強い日光の下においておくと悪くなっちゃうからね。」
アカネ「うーん、荷物になるから一個にしとこうかー?」
レオ「それがいいよ。スイカは水分が多いからあんまり食べるとお腹を冷やすよ。」
アイ「じゃ、一個で決まりだな。」

レオ「安心安全で遊んでおいでね。怪我しないように!」
三人「はーい!」




毎年海の事故があります。
楽しんで行くはずが悲しいことになっては元も子もないです。
ルールやマナーを守って楽しんでくださいな。









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword