忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > よるのせかい

よるのせかい



イオリ「ねー、ねー。アイー、アイー。」
アイ「んー?」
イオリ「イオリが寝たあとみんな何してるのー?」
アイ「何って…」






アイ「…何してんだ?」
アキラ「だいたいみんな寝てるんじゃない?」
アイ「そもそもイオリは何時に寝てんだ?」
イオリ「夜9時ー。」
アイ「早ぇな。」
アキラ「おチビちゃんじゃそのくらいでしょ?」

アイ「まぁ真夜中になればイオリ以外も寝てんだろ。」
イオリ「そっかー。」
アキラ「でも夜だって働いてる人、いるじゃない。」
アイ「あー、そうだな。」
イオリ「おつかれさまですー。」




泡崎も2つ前の仕事は夕方から夜中まで働く仕事でした。
某ゲーム会社の某アミューズメントパークで、
お客さんが帰ったあともクレーンゲームの調整をしてました。
大変でしたがとても楽しい仕事でした(クレーンゲームが好きなので

もう朝方ですかね、帰りにビール買っておうちで晩酌でした。
その当時は千葉に24時間営業の飲み屋が無かったもので(今はある

生活は人それぞれの24時間。
色んな人の色んな暮らし方がありますな。






イオリ「イオリの知らない世界…。」
アイ「そうだな。起きてらんねぇもんな。」
アキラ「フフ、もう少し大きくなれば夜更かしするようになるわよ。」






イオリ「イオリが寝てる間、もしかしたらすごく美味しいお菓子が売ってるかも…。」






アイ「アタシが寝てる間、もしかしたらスゲェ美味いカツ丼があるかもしれねぇ…。」






アキラ「…イオリはいいけど、あなたはどうなのその考え方は。」
アイ「夜中限定の美味いもの、あるかもな…。」
イオリ「食べたい…。」
アキラ「仕方ない子たちね、まったく…。」




最近は夜の8時頃始まって、翌朝10時ぐらいまでやる、
いわゆる「深夜営業特化型飲食店」というのもあるようです。
ようするに24時間営業じゃコストがかかるけど、
深夜の営業は需要があるので、じゃあいっそ夜中だけやろう、というもの。
深夜営業の届け出とか色々あるみたいですが(風営法なども)、
助かってる人も多いんじゃないでしょうか。

何度か夜中に行ったことがあるんですが、
そういうお店はすごく個性的なメニューを出す店ばかりでした。
イオリとアイの言う、夜中限定の美味いもの、というのもあながち無くもありません。

夜中の2時にビールとオムライス、美味しかったです。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村






PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword