忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > 新年の猫会議

新年の猫会議



アイ「こいつら、どこにでもいるな。」
黒天丸「人を虫みたいに言うな。」
アイ「人じゃねぇだろ、猫だろ。」
黒天丸「そもそも猫ではない。」
アイ「猫じゃねぇか。」
イオリ「人じゃなくて虫じゃなくて猫じゃなくて…。
    イオリよくわかんなくなっちゃった…。」
黒天丸「…もう猫で構わん。」


アイ「よぉ、こいつらは何匹いるんだ?」
イオリ「わかんない。数えたことない。」
黒天丸「…これから集まって会議をする。
    そこに来ればわかるだろう。」
イオリ「行く!!」
アイ「会議の内容はあんまり興味無ぇけど、
   何匹いるか気になるから行くか。」




相変わらずの関係。

今日はうちにいる妖怪猫をご紹介。
どの猫がどれなのかわからない時は、
「自己紹介」の下の方にある紹介文を見ながらどうぞ。






六郎太「黒天の、遅いねぇ…。」
迅雷「彼奴めが遅れるとは何か事情がるのだろう。」
彦「黒天丸先輩は意外とキッチリしてますよねー。」
雪「だねぇ。」






黒天丸「すまんな、遅れた。それと…」






アイ「おーやっぱ結構いるな。」
灰二「あー、アイちゃんとイオリちゃんだ!」
イオリ「いーち、にー、さん、よん…。」



イオリ「11匹!!」
アイ「なんか色々種類が違うやつもいるみたいだな。
   同じ妖怪でも違いがあるみたいだな。」


虎太郎「ワイとブラック、ノワールは二足猫という種類の妖魔や。
    二本足で歩くから二足猫、やで。
    世界中に生息してるんや。」
アイ「器用なヤツらだな。」


霧姫「私と迅雷、六郎太と黒天丸、雪・彦・灰二が、
   元は人の姿をしてたけど今は猫の姿の妖魔よ。」
イオリ「ほうほう。猫ちゃんのほうがかわいいかも。」


アイ「で、ブサイク。お前は何だ?」
ぶさねこ「誰がブサイクだ!!」
イオリ「お名前ないの?」
ぶさねこ「そもそも俺たちは元々名前なんて無いんだぜ。
     お前さん方が勝手につけてるわけだ。」
イオリ「じゃあ君は月光丸ね。おでこにお月様のおハゲがあるから。」
アイ「ハゲてんのかー。」
月光丸「ハゲじゃねぇ!!これは傷だ!!
    …俺は原種妖魔だ。」
イオリ「げんしゅ?」
月光丸「一番古い由緒正しき妖魔だぞ。敬えよな。」
イオリ「うん。」
月光丸(…ぜってーわかってねぇな。)






以前アイとアカネに散々笑われたぶさねこに名前がつきました。
月光丸です。
実は一番古くて強い妖怪猫。

泡崎設定の妖怪なのであまりお気になさらず。


なんとも可愛く個性的な妖怪猫たち。
ドールが増えるのと同じレベルの勢いでねこぬいぐるみも増えます。
見かけて気に入るとつい手にとってしまうんですよね…。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村




PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword