忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > おっぱい談義

おっぱい談義



ユウマ「…。」






ユウマ(…爆。)






ユウマ(…巨。)






ユウマ(…並。)






ユウマ(…大。)






ユウマ(…貧。)






ユウマ(…貧!)






ユウマ(…貧!!)






ユウマ「格差ーーーーーー!!!!」
アイ「なんだどうした急に。」
フユ「おかしくなった。」
ユウマ「おっぱいダヨォォォ!!!!」
フユ「やっぱりおかしくなった。」
ユウマ「なんでみんなそんなにあるの!?
    逆になんでこんなに無いの!?」
キリエ「え、なんでって言われても…。」
アカネ「うーん、なんでだろね。」

ユウマ「ウゥッ、グスッ、エッグ…。」
アイ「おいおい泣くなよ…。」
キリエ「ユウマくんにとっては重大なことみたいですね…。」






アイ「ってことでお前を呼んだんだけど。」
レイジ「俺、関係無くない!?」
アカネ「レイジ的にはおっぱい小さいのどうなの?」
レイジ「いや、そういうデリケートな問題には異性が触れていいものか…。」
アイ「何触ろうとしてんだオラァ!!
   ほぼ無いに等しいけどおっぱいに変わりねぇぞ!!
   気安く触ろうとすんな!!」
レイジ「そういう意味の触れるじゃないって!!!」
ユウマ「ほぼ無いって言うな!!」

アカネ「で、結論的にはレイジは大きい方が好きなの?
    それとも小さいほうが好きなの?」
キリエ「なんか質問変わってるーーーー!!?」
レイジ「え、あー、俺は…どっちかって言うと大きい方が…。」






ユウマ「うわーーーーーーー!!!!バカ!アホ!おっぱい馬鹿一代!!!
    お前なんか巨乳に埋もれて死ねーーーーー!!!!
    チビだから大きい物に憧れがあるんだーーーーー!!!
    バーカバーカ!!!!」
レイジ「背ぇ低いの関係ないだろ!!」
アカネ「超ウケるwwwwwwwwwww」
アイ「コンプレックス同士のケンカになっちゃったな。」






レイジ「そもそもお前が変なことで俺を呼ぶからだろ!!
    背が低いのも関係無いし、俺までとばっちりだよ!!!」
ユウマ「貧乳って響きが嫌いだから謝れーーーー!!!
    せめて控えめとか慎ましいとか言えーーーー!!!」
キリエ「ふ、二人とも落ち着いて…。」
アイ「うるせーうるせー!アタシにはどっちもカンケーねーから知らねぇよ!!」
キリエ「遠慮無く煽ってるーーーー!!?
    フユちゃんも止めるの手伝ってくださいよぉ!!」
フユ「…猫がいる。」
キリエ「完全に興味失ってるーーーー!!!」
アカネ「おwwwお腹www痛いwwwやめてwwwウケるwwwwww」







なんだこれ。










にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村







PR

1 Comment

ラブちっぱい。

私はヒンヌー狂なのでなければ無いほど萌えます。
ユウマちゃんのお胸は旧PARABOX47に比べたら全然ありますよ!
強く生きて!旧PARABOX47の胸はどっちが背中レベルですよ。

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword