忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > 痛そうな言葉ナンバーワン

痛そうな言葉ナンバーワン



アイ「いやいや、今回のバイトは骨が折れたぜ。」
カナメ「そうなのか、大変だったな。ご苦労様。」
イオリ「!!」
アイ「ん?どうした?」




なにやらびっくりしたイオリ。
そのびっくりした内容とは…。






イオリ「病院!!」
アイ「病院?いや、別に用事ねぇぞ?」
イオリ「アイ、骨が折れたって!!骨折!!大変だよ!病院だよ!!」
アイ「あー、なるほどな。ハハハ、そういう意味じゃねぇよ。」
カナメ「骨が折れた、っていうのは『大変だった』とか、
    『手強かった』という意味だ。
    本当にアイの骨が折れたわけじゃないよ。」
イオリ「そうなんだー。よかったー。」




いつ聞いても痛そうな言葉です、「骨が折れる」。
それぐらい大変だった、という意味ですね。
ドール者だとあまり聞きたい言葉ではありませんね。
…主に肘関節が物理的な意味で。






アイ「まぁ、そういうこった。心配してくれたのか。」
イオリ「うん。」
カナメ「イオリは優しいな。…ところでアイ。」
アイ「んー?なんだ?」
カナメ「それほど『骨が折れる』というバイトは一体何だったんだい?」
アイ「あー、缶詰をあっちの棚からこっちの棚に移して、
   数を確認したら出荷用の梱包して台車に積んで持っていく仕事。
   スゲー重いんだよ、缶詰。重機免許持ってねーから台車だぜ?
   台車に載せるのも重いしよー。」
カナメ「…それは骨が折れるな。
    そもそもそれは女の子のやる仕事じゃないな。」
イオリ「もも?ももの缶詰?」
アイ「さんまの蒲焼だな、たしか。」
イオリ「さんまかー。いおりはももかみかんがいいなぁ。」
カナメ(運んでる物も女の子っぽくないな…。)




缶詰、重いです。
学生時代に運んだことがあります。
お歳暮・お中元の時期は重機で運ぶのが足らなくて、
暇な学生をバイトで雇って人力作業もしてました(今は無いのかな?)。
終わったあと膝や肩がガックガクです。
もうできないアルバイトの1つですね(ニコッ)




・コメント返し

>>lizzieさん
ポージングって難しいですよね
>棒立ち回避と思うとついついいつもワンパターンになりがちですし
>最近行き詰まり気味です

僕もドール写真撮るときも場合によってポーズを取らせますが、
何分引き出しが少ないのでいつも同じになりがちです…。
イラストのポージング集買って参考にしようかと思ったんですよ。
でもドールだと可動範囲という制限があって想像通りにはいかなそうでした…。

>しかしアイちゃんファイティングポーズ似合いますねwwww
>ヤル気満々じゃないですかwwww

アイはなんかこういうポーズ似合いますね。
女の子らしいポーズとか無縁の子です。
本人は可愛く写りたい願望はあるようですが…。

>自分自身写真撮られ慣れてないんでこういうとき困るパターンです
>とっさになんかできればいいんですが


やっぱりそういうのありますよね…。
泡崎も慣れていないためいつものテンプレポーズです。
あと「はい撮るよー」と急に言われると突然過ぎて慌ててしまいます。
で、ポーズも顔も決まらない、なんか微妙な感じで思い出に残ってしまうのです。










にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword