忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドールの独り言 > ドールの独り言45

ドールの独り言45



ユキトラ「飲み屋が開くまであと一時間か。どうすっかな。」
アヤト「その辺でもブラつくか。」
ユキトラ「ああ。世間話でもしながらな。」



ユキトラ「こう見えて俺は繊細なところがあってな、
     自分の仕事はキッチリやらなきゃ気が済まねぇんだよな。」
アヤト「気が合うなトラさん。俺もそうだ。」
ユキトラ「だよな。中途半端はよくねぇ。」
アヤト「トラさんのそういう真面目なところは、
    あまり周りが気がついていないところでもあるな。」





ユキトラ「アヤトさんは人生に落ち目みたいなのはないのかい?」
アヤト「あるさ。あえて言う必要もないが。」
ユキトラ「アヤトさんはそういうところがなんつーか、ミステリアスだな。
     秘密がある男は不思議とモテるぜ。」
アヤト「そうでもない。モテてれば独りでいないさ。」
ユキトラ「確かに。モテ期とか言うのはいつ来るんだ?
     あんまりジジイになってからってのもな…。」
アヤト「気長に待つしか無いな。」
ユキトラ「おいおい、気長に待ってたらジジイになっちまうぜ?」







アヤト「そろそろ行くか。」
ユキトラ「飲み屋に一番乗りで入ってやろうぜ。」
アヤト「お互い会社員じゃないのが強みだな。」
ユキトラ「安定収入見込めないけどな。」
アヤト「時間を取るか金を取るか。難しい選択だ。」
ユキトラ「人生ってのは上手くできてやがる。
     両方手に入れる奴ってのはそうはいねぇ。」
アヤト「そうはいない。だが、いることはいる、ということだな。」
ユキトラ「訂正だ。人生ってのは欠陥品だな。」
アヤト「不確定要素の連続さ。
    だから面白いという意見もあるがね。」
ユキトラ「まったくだ。クソ人生でも笑って生きりゃ楽しくもなる。」










にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword