忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > 必殺ドール人

必殺ドール人

今日は何となく部屋を暗くして写真を撮るという感じです。
今の設定でどれ位写るかのテストがてらに。

で、色々撮ってるうちに…。







いつの間にか仕事人の銭払いの会議になってた。

愛「これっぽっちかよォ、呪い屋ァ?
  オメェ、ちょっとくすねてるんじゃあねぇだろうな?」
七瀬「不躾なこというんじゃないよ、壊し屋。
   私達はね、悪党を消すのが目的なんだ。
   金の多い少ないでやってるんじゃあないんだよ。」
雪虎「俺ァ酒代にでもなれば構わねぇんだがな。なぁ、バテレンの?」
ロビン「…私は飲まないから。」
七瀬「見習いなよ、壊し屋。」
愛「うるせぇよ。」


必殺シリーズが好きな泡崎です。

こうなるとろうそくが欲しくなりますが、
もし本物のろうそくを使ってる時にドールが倒れて…、
なんて考えると恐ろしいので、やりませぬ。

暗がりでの撮影はもうちょっと設定を変えればなんとかなりそう。
上の画像はちょっと光彩を変えてます。


設定を忘れるんで、明るい所・外・暗がり、と設定をメモっとかないと。
カメラが記憶しておいてワンタッチで切り替えできれば楽なんですけどね。





・コメント返し

>>lizzieさん
当初とは違うキャラクターになるのもあるあるですね
>最初からはっきりコレだ!っていうのがあるキャラもいれば
>謎の変遷を辿るのもいたり…

最初から方向性決まってるとバッチリ決まるんですけどねぇ。
どう扱うか悩んでる時も個人的に楽しくもあります。

>トラさんのキャラクター好きですよ
>ドールブログではあんまり見かけないタイプなので
>見てて楽しいです
>ウチにもいない感じの人なので…

どちらかというと、男性ドールはカッコイイ担当ですからね。
はじめからオッサン扱い担当というのは珍しいかもしれません。
わりと感情が出るキャラなんで、自分で使ってても楽しいです、トラさん。

>キャラクター作りは楽しいですね
>ブレるというか
>ネタ作りしてるうちに新しい属性が加わって
>ちょっとずつ変わってったり
>ちょうど誰かと仲良くなって
>だんだん知らなかったそいつの一面が見えてくるみたいな

人数増える度に「あ、こいつらは仲良くなれそうだな」とか、
はじめに「こんな特技やクセをつけてみよう」とか、
色々遊べますね。
ブレる、というか、キャラクターが成長してるようにも思えます。

>大元の部分は変わらないけど
>ちょっと違う部分がでてきたり
>意外な一面があったり
>そういった部分を見つけるのも楽しいですね


自分で作ったキャラクターでも、新しい発見があると楽しいです。
そういう意味ではドールというのはキャラクター創作が好きな人にとって、
一番向いてる趣味かもしれませんな。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

PR

1 Comment

無題

名前が漢字表記だと新鮮ですね
そういえばみんな実は漢字あったんですよね
いつもカタカナだったんでふいんき変わりますね

ロウソクはさすがにキケンですね…
アロマキャンドルみたいな周りがガードされてるタイプだったら
まだちょっとは安全かもですが
明らか違うふいんきに…
やっぱここは仏壇にあるような白くって高さのあるアレですよね

>そういう意味ではドールというのはキャラクター創作が好きな人にとって、
>一番向いてる趣味かもしれませんな。
そうですね
自分は確実にキャラクター作りからの流れで
こっちに来たパターンですね

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword