忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > メイク練習その2

メイク練習その2

今日の記事も昨日と同じく素ヘッドが出てきます。
苦手な方は飛ばしてください。
大丈夫な方だけこの記事の一番下の続きからどうぞッス。



にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


昨日のヘッドをちょっと改良。
目元と頬、口に手をいれました。

頬の白い点は肌のツヤのハイライトです。
前にネットでコレやってる方がいて「可愛いなぁ」と思ったんでやってみました。
アニメ系ヘッドのメイクにはなかなかの親和性。
漫画ではよくある表現ですが、ドールにやってみるのも面白いですねー。

口。
描くオープンマウスです。
ドールでは時々こういうオープンマウスがありますね。
オビツ・アゾン系では使われにくいですが。
口を削って、中を空洞にして赤系のグルーで口内を作るという手もありますが、
こちらの方がお手軽で、微笑み顔が作れるというのがいいかと思います。

あとは眉毛がひん曲がってるのを修正すれば完璧。


今回のメイク練習は色々実験的なことをしてみました。
キズナとトラさんあたりから今までやらなかったことを少しずつやってみてます。
今回は1/3ドールを開始して2回目に使ったヘッド・50-01を、
もう一度今の自分の持てる技術でリメイクしたいという試みでした。

前の記事を見てもらえるとわかると思いますが、
以前はヘッドの特性とかそういうものを考えずに、
すべてのヘッドを同じようにメイクしてました。
例えばリアル系のロビンとアニメ系のアイのメイクを同じ
(厳密には同じではないんですが、まぁ似たような感じ)
にしていたという具合です。

それはある意味自分の作風みたいなものなんでしょうけど、
ドールヘッドの特性を殺してしまいかねないやり方です。
それに気がつくまで制作上3人かかりました。
そこでアニメヘッドのアイ・イオリ・ナナセを去年リメイクしたというわけです。
アイに関しては作ってから2年ぐらい経ってましたんで、感慨深かったです。
イオリは子供っぽさを出すのに苦労しました。
ナナセは作ってすぐだったんですが、ヘッド自体を変えたことでメイクも変更。
特性をつかんでアニメっぽくするのはあまり苦労しませんでした。
わかってしまえば何のことは無いってことですな。

アニメ系ヘッド(オビツ・パラボ系)はなんとなく特性がつかめました。
メイクもだいぶ筆が早く進むようにもなりましたよー。
今度はリアル系ヘッドも練習したいですねぇ。
リアル系はやっぱりすごく難しいです。
ロビン・キズナ・トラさんとやってきましたが、 いまだにうまくやれません。
もうちょっと頑張りたいなぁ。
キズナに関しては中性的を狙ってたんですが、
パラボさんのヘンゼルヘッドがリメイク再販されたらコッチに変えてみようかなぁ。


練習というのは時にはツライものですが、ドールメイクは超楽しいです。
新しい事をやるというのは新鮮でワクワクします。
せっかく色々やったんで、昨日も書きましたがそのうちボディをあげます。
増えるとかそういうの、気にしないことにしました。
増える限度はありますが、今は気にしないッス。
ドールは楽しいなぁ。





にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


PR

1 Comment

メイク練習その2

50-01ヘッドカワイイですよね
メイクするとすごい可愛い子ができますね
今回のヘッドさんに胴体が来るとのことで…
どんな子になるか楽しみです

ドールカスタムって楽しいですね
メイク済みの子はもちろんカワイイですが
自分でいろいろ試してみるのも楽しいですよね
それで満足いく子ができたら最高です
どちらがいいという訳ではなく
どっちもいいと思います


トラさんがhi○eさんみたいになってて笑いました
懐かしいですねーV系ブーム

そして六郎太君が可愛すぎます


使いやすいキャラクターっていますよね
動かしやすいというか雑な扱いしてもいけるというか…
比較的男性キャラがこのポジションに収まる傾向が強い気がします

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword