忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドールの独り言 > ドールの独り言・特別編

ドールの独り言・特別編

*本日は少しだけストーリー形式になってます。
*苦手な人は読まないようお気をつけください。

*大丈夫な人は下の「つづきはこちら」からどうぞ。






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
5f703494.jpeg

アイ「よし、いいぜ!このままクリアーだ!」
黒天丸「おい。」
アイ「あんだよクソ猫。アタシは今ゲームで忙しいんだよ。」
黒天丸「そうか。」
アイ「おう。腹減ったんならその辺の草でも食ってろ。」



黒天丸「おい。」
アイ「しつけーなクソ猫!気が散るだろーが!!」
黒天丸「おい。」
アイ「うるせえ…

afdd88eb.jpeg

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!???」



9bde178d.jpeg

アイ「お、おいっ!お前ら大変だ!!クソ猫がなんかヤバイぞ!!!」
カナメ「黒天丸が?ヤバイって何がヤバイんだ?」
アイ「え!?いやあの…!なんて言うか、なんかヤベェんだよ!!」
ロビン「アイ、落ち着いて。」

66ee8f23.jpeg

ナナセ「…あなたの予想通りの反応ね。」
黒天丸「ああ。むしろこれが見たかったんだ。」
アイ「お前なんでそんな落ち着いてんだよ!どう見てもヤバイだろ!?
   アタシの知ってるクソ猫は可愛くないけどもうちょっと愛嬌あったぞ!!?」
カナメ「…確かに、これは異常だ。」
ロビン「ええ、大きくなってるわね。」
アイ「だろ!?こんなんじゃなかっただろ!むしろ・・・

ea01364a.jpeg

…こんなん(イオリの頭の上の奴)だったじゃねーか!」
ナナセ「私がやったんだもの、落ち着いてるに決まってるでしょう?」
カナメ「お前の仕業か。」
アイ「何やったらこうなるんだよ!?…呪いか?」
ナナセ「…封印を解いたのよ。」
ロビン「封印?」
アイ「封印って…いきなり言われても…。」

5eee9793.jpeg

ナナセ「自己紹介カテゴリーにもあるけど、彼は妖怪。
     とても強い妖怪よ。誰かがその力を猫として封印したの。」
アイ「…お前何言ってんだ。中学二年生か。」
ナナセ「この猫の姿もかりそめ。本当はもっと違う姿なんでしょうね。」
アイ「マジか。」
黒天丸「説明ごくろう。そういうわけだ。」
カナメ「特に何かあるわけでもないのか?」
黒天丸「俺が何かしなければな。」
ロビン「なら問題ないわね。特に何かしそうにないし。」

86925712.jpeg

イオリ「あれぇ?これ黒天丸?大きくなったねー。きっと成長期なんだねー。」
黒天丸「…そんなわけあるか。…くそ、コイツだけは驚かないな。」
イオリ「姿が変わってもイオリと黒天丸は親友だよー。」

a9a6175a.jpeg

カナメ「…そうだな。いまさら何かが変わるわけでもない。私達は…友達だ。」
黒天丸「…。」
アイ「ったく、騒がせやがって。でかくなっただけじゃねぇか。」
ロビン「ええ、大きくなっただけ。何も…変わらないわ。」



ナナセ「…さぁて、それはどうかしらね。」




e698b23e.jpeg

黒天丸「まぁいい。あわてふためいて間抜け面をさらす馬鹿(アイ)の顔が見られたからな。」
アイ「…でかくなったんだからいつもより強めに殴ってもいいよな?」
ナナセ「どうぞご自由に。」

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword