忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドール > ブログとドールとあなたの関係

ブログとドールとあなたの関係

e76e9046.jpeg

とても温厚なロビン。
彼女は我が家のドールたちのまとめ役。

むう「むうむう。」
ロビン「なあに?」
黒天丸「どうやらむうはお前のことを姉のように思っているようだな。」
むう「むう!」
黒天丸「まぁな、ここにはロビンとカナメ以外マトモなやつがいないからな。」
ロビン「確かにみんな変わってるけどいい人よ。」
黒天丸「人格的にはロクでも無いと思うがな。」


ドール同士が会話してるブログさんなど見に行くと、
色んな性格の子達が見られてとても楽しいです。
我が家のアイのような乱暴な子は少ないです。
もちろん人を呪ったりするような子もいません。あんまり。←何件かありました
ツンデレは結構います。流行りもありますしね。

何度も見ているうちに、ドールさんの性格はそこの管理人さんと似ている、と発見しました。
穏やかな管理人さんのところの子は、やはりやさしく穏やか。
アウトドア派な管理人さんのところは、元気な子が多い。
理知的な管理人さんのところは物静かで頭のいい子が多かったです。
もちろんすべてが当てはまるわけではありません。
管理人さんと正反対な子がいて、管理人さんはいつも振り回されるというところもたくさんあります。
実際、僕はどちらかというとアイのような性格ですが、ロビンやカナメのような優しい子もいます。

さて、ここからは関係あるような、無いような話をします。

僕は大学で経済学を学ぶかたわら、心理学を少々かじっていました。
そこで学んだことなんですが。

人間というのは似たような性格の人間と一緒にいるのが落ち着く、というような傾向が見られます。
自分にとっての安心が得られるというのもありますが、
同じ性格ならばその人の行動がわかり、あくせくする必要が少ないから、という理由もあります。
相手に自分を投影することで安心感を得る、ということですね。
仕事の相手が似た性格だと作業が捗る、取引相手が似ていると信頼感が生まれ取引が成功する、
ということも時々あるように、自分と似ている人を好きになる傾向があります。
また、好きな性格の人(家族だったり友人だったり)と似ている場合も好きになることが多いです。

管理人さんとドールが似たような性格になるのはそういう理由も少なからずあるかもしれません。
「この子はこういう性格なんだ。」と思うことで、お互いを理解している、と考えるのかも。
ドール者はドールを「生きているもの」と同じように扱う人が多いですからね。
そうなるのもわかる気がします。いわゆる「相棒」というやつです。

それとは逆に、正反対の人を好きになることもあります。
これは単純に言ってしまうと「スリル」を求めている人がなることがあります。
自分に無いものを持っているという憧れから、普段と違う環境になることでの快感から、
新しいものへの興味から、などの理由が挙げられます。

管理人さんと正反対のドールもこんな理由があるかもしれませんね。

あくまで一例なので、「すべてがそう」というわけではありません。
こんなキャラクターなら面白い、理由は無いがこんな性格が好き、
あのキャラクターに似た性格にしたい、など、外的要因もたくさんあります。
かく言う僕も、ロビンは「顔が優しい感じにメイクできた」という理由で優しい性格になってます。

ドールはその人の趣味、考え方、興味、などたくさんのものを形にして表現するための、
ある意味その人のペルソナ(外的側面)であるともいえるかもしれません。
ドールを使って自分の趣味などを表現できるといっても過言ではないです。
個として性格を設定したドールは、むしろあなたの一部でもあると言えます。
だからドール(=自分)を大切にするし、ブログなどで「見てもらいたい」という欲求に駆られるんです。


いきなりオカルト的な話をしますが、人形には魂が宿るといいますな。
その魂は「自分のもの」であったり「まったく違う誰か」であったりします。
ここでいう「まったく違う誰か」というのは、「あなたが設定した性格のドール自身」かもしれません。
九十九神(付喪神)という風習があります。長年存在する「物」に魂が宿る、というアレです。
神様や悪霊が付く、と言われますが、長年かけて作り出された「性格設定の念」のようなものが、
あなたが大事にしていたドールという「物」に宿ったとしてもおかしな話ではありません。
つまりドール者の夢である「意思を持つ人形」になるんです。
怖いやら羨ましいやら。

ちなみに泡崎は神様と言うものをあまり信じていないので、
ここで書いたことは宗教的な意図はありません。
むしろ民俗学に近い「風習・言い伝え」として捉えていただけると助かります。
ただ、オカルト的な、神が起こしたとしか思えない奇跡、というものを否定はしません。
あまり信じていないだけで「それはそういうこともある」というスタンスです。
心理学だけで人間の中身は解明できないと思います。
そこには「魂」のようなオカルティックな要素も存在するからです。


なんか難しい話を長々としてしまいましたね。
あくまで個人的な観察と学術観なので「あってる・間違ってる」は勘弁してください。
専門家の方が見たら「何言ってんだコイツ」みたいなモンです。


何が言いたいかって、
「みんなのドールは色々あって面白いなぁ」
ということです。



にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword