忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > 小さいドール

笹の葉のアレ



アイ「昇降口んところに笹の葉飾ってあったな。」
アカネ「あったあった。」
ナナセ「七夕だものね。」




本日、七夕。

今年の七夕はあいにくのお天気、というか…、
とんでもない荒天に見舞われてるので、
七夕どころではないのが実状です…。

被害に遭われた方は一日も早くもとの生活に戻れるよう願います。






アイ「短冊に何書く?」
アカネ「そもそもー?何書けばいいのっていう?」
ナナセ「織姫にあやかって織物が上手くなりますようにっていうのが始まりで、
    時代が進むにつれて芸事がうまくなりますようにってなって、
    今はとりあえず好きな願い事を書いておこうっていうのが通説ね。」
アカネ「へー。じゃあ別に何でもいいと。」
ナナセ「まぁ問題ないんじゃないかしら。」






アイ「…と、言われてもな。急に何願い事するってなってもな。」
アカネ「だよね。結構前から考えとかないと出てこないよね。
    じゃあとりあえず学食のカレーがビーフカレーになりますように、
    ていうので、どう?」
ナナセ「…小さすぎない?」
アイ「牛丼大盛りちょっと安くなるとかな。」
ナナセ「…あなた達、意外と欲がないのね。」






アカネ「やっぱり大多数の意見?ってのが取り入れられるわけ?」
アイ「民主主義だからな。」
アカネ「んじゃさ、特にお願い事無いならビーフカレーに手を貸してよー。
    2票!民主主義でこの2票は大きいよー!」
アイ「おう、いいぞ。アタシもビーフカレーになったほうが嬉しいからな。」
アカネ「やったー!」

ナナセ(…短冊じゃなくて学食のアンケートに書けばいいのに…。)




皆さんの願い事が叶いますように、
というのが泡崎の願い事です。
個人的なことは自分でなんとかするんで、
他の方に叶うチャンスを与えてあげてくだされ。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村






PR

一点集中



アイ「…でな、この話を聞いたやつのところにな、
   夜になると来るんだよ、今話した血まみれ少女が。」
ユウマ「えっ。」
アカネ「ヤバイじゃん。来ちゃうじゃんアタシらんとこ。」
ユウマ「や、やだよ!」




よくある「聞いたやつんとこ来ちゃう系」怪談。
少年時代はなぜかこのテの話が好きですね。
結構理不尽な悪霊っぽいのがまた面白いです。






ユウマ「どうすれば来ないの!!」
アカネ「あー、攻略情報的な?」
アイ「残念ながら来させない裏技は無ぇ。」
ユウマ「やーーーーーーだーーーーーー!!!!」
アカネ「必死すぎるwwwwww」

アイ「急に来るからな。」
ユウマ「急にっていつ!?」







アイ「今だよォ!!!!!!!!!!!」
ユウマ「うぎゃーーーーーーーん!!!!!!!!!!」






アカネ「うぎゃーーーんてwwwwwwwうぎゃーーーんてwwwwwwwwwwwwww
    16歳うぎゃーーーんてwwwwwwwwwwwwwウwケwるwwwwwww」
アイ「マジビビリじゃねーかユウマ!!」
ユウマ「…あううぅ。」


ユウマ「うう、怖いよぉ…。血まみれ少女怖いよぉ…。」
アイ「安心しろって。アタシんときは来なかったからよ。」
ユウマ「…なんか用事があって来なかっただけかもしれないじゃん…。
    …あたしの時は来るかもしれないじゃん…。」
アカネ「こら5分前に来ますわwwwwwwwwww」
ユウマ「何時何分何曜日地球が何回回った時の5分前!!?」
アカネ「小学生かwwwwwwwwwwwwwww」






アイ「いやー、面白かったわ。」
アカネ「久しぶりに大爆笑だったね。」
ユウマ「うぅ…うぅ…。」
アカネ「まだ泣いてるしwww」

アイ「…んで、お前はさっきからずーーーーっとどこ見てんだ。
   この話が始まって少し経ったあたりからだけど。
   …窓か。窓の外になんかいるのか。」

フユ(……。)






フユ(……。)


アイ「…おいやめろよそういうの…。」




いますよね、怪談の最中どっか虚空を見つめてる子。

おいやめろって。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



無理っぽい



───学園、駐輪場



アイ「今日遅刻しそうだからバイクで来たんだ。」
キリエ「うちの学校はバイク通学もOKですからねぇ。」
ユウマ「いいなーバイク。あたしも乗りたい!!」




バイクはカッコいいですね。
ユウマもバイクに憧れがある様子です。






ユウマ「いいなーいいなー。いつか免許とって乗ろーっと。」
アイ「おう。そしたらツーリングでも行くか。」
キリエ「大丈夫ですかユウマくん。バイクですよ…?
    免許取るには試験とか実習もあるわけで…。」
ユウマ「えー大丈夫だよきっとー。」
アイ「まぁちゃんとやれば取れんだろ。」






キリエ「だってユウマくん…自転車すら乗れないじゃないですか…。」
ユウマ「う…。」
キリエ「絶対危ないですよ!」
アイ「ははは、自転車乗れるようになってからでも遅くねぇな。」
ユウマ「うー、バイクがいい!」
アイ「まぁ自転車乗れなくても教習所で教えて貰ってバイクは乗れるんだから、
   どっちか好きな方頑張ればいいんだけどよー。」
キリエ「私はやめたほうがいいと思いますよ…。
    だって…ユウマくんがエンジンのついた乗り物に乗るんですよ…?
    しかも運転するんですよ…?」


アイ「……。」
ユウマ「……。」
キリエ「……。」


ユウマ「自転車にする…。」
アイ「おう…。いくらか安全だ…。」
キリエ「…ですよね。」




ユウマも自分のおっちょこちょいには自覚があるようです。


バイクも自転車も安全運転でいきましょう。
ルールもマナーもしっかり守って!

あとユウマも自転車乗れるようになって!
補助輪から頑張って!!







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村




かわいいぞ!

───ここはみんなが知ってる世界とはまた別の世界。
───あの子やあの子もちゃんと学校に行ってる世界。
───さぁ、みんなの知らないもう一つのインバーターインベーダーが始まる。






アイ「動物飼いてーなー。」
アカネ「犬オススメ!超かわいいよ!!」
アイ「そういやアカネん家は飼ってたな。」
アカネ「うん!チャコ太郎くん!!」
アイ「そうそう、チャコ太な。」




どうやらアイもペットを飼ってみたいようです。
泡崎も昔、ハムスターや金魚を飼ってました。
犬や猫を飼ったことはないんですが、
友人宅や親戚の家ではいたりしたんで、結構羨ましかったです。






アカネ「やっぱねー、うちのチャコ太郎くんが世界一かわいいよ。」
アイ「まぁ飼ってるやつはみんなそう言うよな。
   自分のとこのが一番かわいいって。そりゃそうだな。」
アカネ「ちがうちがう。マジで世界一かわいいって。
    かわいさが世界レベルってこと。しかも世界でトップってこと。」






アイ「いやお前それはさすがに親バカにも程があんだろ。」
アカネ「いやいやそんなこと無いって。すごいお利口だし。」
アイ「まぁお利口はお利口だな。無駄吠えとかしねーし。」
アカネ「でしょ?あとお手もするし。」
アイ「それは標準装備みたいなもんだろ、犬の。」




お手もしない子はしませんけどね。
ちゃんと躾けないと大変ですよね。
なんかのTVで観たんですけど、
「犬が悪いんじゃない。飼い主が悪いんだ。」
っていう言葉が出てきて、はーなるほどな、って思いました。






アカネ「世界一だって、チャコ太郎くん。」
アイ「世界のハードル低いって。
   それだと例のCMの白い犬なんて宇宙レベルだぞ。」
アカネ「じゃあチャコ太郎くんが真の宇宙一じゃん。」




アカネは自分の家の犬が大好きな様子。
でも泡崎はこれは決して悪いことではないと思います。
自分の家の子が一番かわいいと思えるからこそ、
最期の時までちゃんと面倒を見て、共に暮らしていけるわけで。
大事なことだと思います。






フユ「…かわいさに貴賎なし。」
アイ「まぁ最終的にはそうなるわな。」
アカネ「そうなんだけどね。」




みんなかわいい。
みんなだいすき。

それもいいと思います。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村







始まった小さいやつらの日常



オビツ11セーラー服買い占めおじさんです。こんにちは。

秋葉原に行ってまいりまして。
小さい連中の必要なもの、買ってまいりました。

この記事から小さい連中は「小さいドール」のブログカテゴリーとなります。


では早速着させてみましょうね。
ついでに素体などもおさらいしときましょうか。






アイとアカネ。

アイはスケバン仕様のスカート。
「えっそんなスカート売ってたっけ?」
とお思いの皆様。残念ながらアゾンには売っておりませぬ。

っていうかそもそも売っておりませぬ。
なんせ泡崎の手製ですからね!!

ここ最近、縫い物の練習を一生懸命していました。
コレを、スケバンスカートを作るためです。
とりあえずそれっぽいのが出来たんで満足です。

アイはオビツ11ナチュラル。ウィッグ仕様。
アカネはオビツ11サンライト。植毛仕様。




ユウマとフユ。

特に改造はしてません。
っていうか改造制服はアイだけです。
ただ、普通学校内では脱帽状態がデフォと思われる現実世界ですが、
この世界に限っては教室内でもユウマは帽子を外しません。
フィクションなんで許してニャン♡

ユウマはオビツ11ホワイティ。ウィッグ仕様。
フユはオビツ11スーパーホワイティ。植毛仕様。






ナナセとキリエ。

急遽入れ替わりで入ったナナセですが、
うちでは元からいるキャラなんで、ある意味馴染み深いかと。
キリエのメガネがデカいですが、これぐらいしかなかったんで、
まぁデフォルメ体型だしいいんじゃないかということで許してニャン♡(二回目

ナナセはオビツ11スーパーホワイティ。植毛仕様。
キリエはオビツ11ホワイティ。ウィッグ仕様。






揃った6人。
舞台としては大きい方のパラレルワールドというのが設定です。


計画発表から少し長くかかりましたが、
本日より「小さいいつもの5人計画」改め、
「小さいやつらの日常」スタートです。

泡崎の神経痛や腰痛がひどく、大きい方を撮影するのがシンドいので、
デスクの上で動かせるサイズに、ということから始まった計画。
現在進行系で神経痛・腰痛は酷いので、大きい方をやめるというわけでなく、
こちらの小さいほうをしばらくはメインで動かそうということなので、
前にも申しましたとおり、大きい方も体調を見ながらやっていきます。

小さいのもどんどん登場キャラが増えていくかもしれません。
むしろ小さいうえに描き目な分、けっこう自由がきくので、
大きい方以上のクセが強いやつが出てくるかもしれませんね。
ご期待下さい。



皆様、お待たせいたしました。
さぁ、小さいやつらの学園生活、スタートです!!









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村