忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > 小さいドール

平成最後の年末大まとめ

おこんばんわ、泡崎です。
年の瀬真っ只中、皆さんいかがお過ごしですか?
大掃除は終わりましたでしょうか?
年末年始の買い物は終わりましたでしょうか?

終わった方はゆっくりお読みください。
終わってない方はちょっと息抜きにお読みください。

では、毎年恒例のまとめでいってみましょう。
ちょっと長めです。お時間ある時にどうぞ。







実は泡崎、今年もまだプライベートがゴタゴタしてて、
結局思った以上にブログ更新等ができていませんでした。
悲しい…。

もう少し続きそうなんで、しばらくはこんな調子です。

ツイッターの方は暇があればツイートしているので、
生存確認等はそちらで出来ますです。

いろいろやりたいことはありますが、
まとまった時間がとれないと難しいですね…。
ドール関係は一回腰を落ち着けてやりたいです。

みなさんもお忙しいとは思いますが、
ほどほど息抜きしながらやっていきましょうね。






世情はどうでしたでしょうか。
泡崎的には北海道の地震があった以外は安定してた気もします。
北海道の方々、どうぞご自愛なさってくだされ…。
これから本格的に寒くなり、雪も降りますね…。っていうか降ってますね…。

世の中、本当に天下泰平で落ち着いてる時期が来てほしいです。
平和であるということがこの昨今、当たり前ではなくなってきていますね。

天災・人災、両方ありますが、
地味に怖いのが「日常生活での事故」です。
ボーッと歩いてられない時代です。
キョロキョロしながら歩きましょう(不審者に思われない程度に






趣味の方はどうだったでしょうか。

泡崎個人としては、だいぶ良かったと思います。
ブログの更新などは出来ない事が多かったですが、
小さいドールを始めて、だいぶ楽になりました。

重度の神経痛持ちっていうアレがあるんで、
なんか毎回言ってる気がしますが、
大きいドールの撮影はなかなかシンドくなってきました。
こっち(大きい方)をやめるつもりはないですが、
やはり撮影等が楽な小さい方にかたむきがちです。

大きい方も体調を見て引き続きやっていきたいですね。


あと、オビツ11身長調整キット的なものがすごく気になっています。
これがあれば色々とバリエーションが増やせそうで!






寒くなってまいりました。
急な冷え込み、つらいですね。
自室に火の気がないので…。
(エアコンあるんですが、冬は使わない人なんで…)

体に気を付けていきましょう。
あんまり人の心配できるほど健康でなくなってきていますが、
まだ大丈夫!全然いける!!と思っています。

ですが、急に具合が悪くなることも多くなってきました…。
もう中年も中年、ド中年ですから。
泡崎がキラキラ20代だと思ってた方には申し訳ないですが、おっさんです。
おっさんも来年やる気を出していきたいと思っています。
気持ちは若くいきたいです。






来年の抱負的なのは、

・健康
・趣味の充実
・生活習慣の見直し
・健康
・健康
・貯金
・健康

です。
健康多いな!!!!!

ですが体が資本とはいったものなので、
そっちに気をつけたいですね。

趣味方面では、やはり小さいドールにももう一展開欲しいです。
男子勢も出してあげたいですね。
小さい方は大きい方のパラレルワールドなので、
普段学校に行かないであろう人物を出せるという強みがあります。
来年は男子も力を入れていきましょう!






さて、そろそろお時間ですね。
まだ一日ありますが、
今年の当ブログはここで終わりです。

みなさま、いつもご覧いただきありがとうございます。
更新が少ないという中、それでも応援していただけるというのは、
本当にブログ管理人・ドール劇作者としてありがたいです。

出来るだけ更新の方も頑張っていきたいです。


では最後に。

今年もおせわになりました。
平成最後とか関係なく、来年も楽しんでまいりましょう。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!!

インバーターインベーダー、今後もよろしくお願いいたします!!






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村




PR

コケ



フユ「~♪」




なにやら緑色のものをゴキゲンに眺めるフユ。
もういまさらこの子のすることにツッコミは無いですが、
とにかく今年最後まで何をするかわかりません。






ユウマ「なにこれ。」
フユ「こけ。」
ユウマ「こけ?こけって…苔?ジメッとしたところに生えてる苔?」
フユ「そう。」




どうやら苔栽培がフユのマイブームの様子。
渋い。






フユ「かわいい。」
ユウマ「えーそうなの?かわいいかなぁ?」
フユ「ひっそりしてて好き。」
ユウマ「お花とか咲くの?」
フユ「咲くのもあるよ。」
ユウマ「これは?」
フユ「咲かない。」
ユウマ「じゃあただの緑色じゃん…。」






フユ「育ててたら増えた。」
ユウマ「わっ、もう1個出てきた!!」
フユ「増えていくのも楽しい。」
ユウマ「難しいの?増やし方って。」
フユ「ちょっとコツがいる。」
ユウマ「…へぇー。」




フユはちょっと職人気質なところもあるんで、
こういうものには妙にドハマリするタイプです。
フユの言う通り、苔は増えます。
ちょっとコツを掴めば栽培も楽しいそうですよ。






ユウマ「欲しくはないけど…見てたらなんかかわいくなってきた!」
フユ「苔の良さ、わかっていただけたか。」
ユウマ「いや、わかったわけじゃないけど…。なんか…嫌いじゃない!」
フユ「フォッフォッフォ。」




苔を育てる女子高生。

ハマると楽しい系は探し当てるまでが大変ですが、
やっていくとライフワークになるものも多いですね。
趣味は人生を豊かにします。
新しいものとの出会いも大事ですね。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村







暇なのだ



アカネ「は~~~~~ぁ~~~~~~…。」




珍しくアカネが溜息。
何があったのでしょうか。






ナナセ「今考えてること、当ててあげるわ。」
アカネ「お、当ててみ当ててみー?」

ナナセ「11月は何もイベント無くて退屈だなー、でしょ?」
アカネ「大正解ー!!よくわかったねー。呪術的なアレ?」
ナナセ「あなたの考えてることぐらい何となく分かるわよ。」




10月はハロウィンムードありましたね。
たくさんハロウィン関係の商品やイベントもありました。

さて、11月。
実際なんも無いですね。






ナナセ「ちょうどいいじゃない。
    来月はクリスマスだから中休みよ、中休み。」
アカネ「えー、ノンストップで遊びたくない?
    この一ヶ月がもったいなくね?」
ナナセ「どうせ年末年始にいっぱい予定があるんだから、
    今のうちにやれることやっといたほうがいいんじゃない?」
アカネ「うーんそうなんだけどー…。」






アカネ「あ!!なんもないなら勝手にイベント作ればいいじゃん!!」
ナナセ「…なにするのよ。」
アカネ「うーん。寒くなってきたからおでんパーティーでもやろう!!
    みんな呼んで、好きなおでんのタネ持ち寄ってさー!!」
ナナセ「へぇ、いいじゃない。」
アカネ「でっしょ?でしょでしょ?」






アイ「みんなでおでんやんのか?」
アカネ「そう!好きなの持ち寄ってやるの!
    超楽しそうじゃん?」
アイ「いいなそれ。よっしゃ、何入れるか考えなきゃな!」
ナナセ「…食べられるものにしてよ。」
アイ「ったりめーよ!」






アイ「たまごとー…昆布とー…たまごとー…はんぺんとー…。」
アカネ「たまごとー…大根ーと…たまごとー…たまごとー…。」
アイ「ごぼ天と…たまごと…たまごと…ごぼ天と。」
アカネ「ウインナー天と…たまごと…たまごと…たまご巾着と。」
ナナセ「たまご鍋じゃないそれじゃ…。」
アイ「たまご好きだろ?」
ナナセ「他にもいろんな物入れなさいよ…。」




おでんのたまご、美味しいですよね…。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村






体験したい



アカネ「昨日さ、うちのチャコ太郎くんをお散歩させてたんだ。」
アイ「あー、もう暑くねぇからチャコ太も楽だなー。」
アカネ「うん。でね、チャコ太郎くんが落ちてる柿の実をクンクンしててさー。」




もう柿の実もだいぶ色づいてきましたね。
…落ちるとベチャッてなってお掃除大変なんですよね…。
昔、我が家にも柿の木あったんで…。






アカネ「でね、改めて気が付いちゃったんだよね。
    あっ!秋じゃん!!って。」
アイ「そういえば最近だいぶ涼しい日もあるしなー。
   いよいよ秋だなって感じか。」
アカネ「だよねー。」






リョウ「栗、食べた?」
アカネ「栗かー。まだ食べてないなー。」
アイ「モンブランとか今すげー売ってるな。」




泡崎は芋栗かぼちゃが結構好きなんで、
この時期、よく栗味・芋味のお菓子を買います。
季節限定なんで、ちょっと嬉しい気もしますよね。






リョウ「季節のものを食べるのが日本っぽくていいね。」
アイ「昔っからそういうもんだもんな、日本人。」
アカネ「好きだよねー、旬のもの。」
リョウ「期間限定、って言葉が4回も使えるんだよ、日本は。」
アイ「そういや外国は夏冬しかねぇとこもあるんだっけ?」
リョウ「そんな感じだね。」
アカネ「日本マジお得じゃね?」






アイ「と、なりゃな。
   やっぱり秋の美味いものってやつは食っとかないと損した気になるな。」
アカネ「マジでマジで。食べとかなきゃ秋終わらない?感じ?」
リョウ「ちょっとお金出しても食べるべきだね。」
アイ「今日、帰りにモンブランとか食いに行っとくか。」
アカネ「行こ!絶対行っとこ!!」
リョウ「他の子も誘おうよ。」
アイ「おう。こういうのはみんなで楽しまなきゃな!!」




みなさんも秋のお味を楽しんで、
季節を感じてみてはいかがですかね?






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



疾風のように



ユウマ「フユ!放しちゃダメだよ!絶対ダメだからね!!」
フユ「うん。」
キリエ「…やっぱり乗れなかったんですね、自転車…。」
アイ「まぁ無理だろうなぁ。」




ユウマがアイのバイクを見て乗りたいと思いつつも、
実は自転車に乗れないので無理だという話が前にありまして。
(2018/07/03 「無理っぽい」 のお話)

せめて自転車ぐらいは、と、頑張って練習を試みるユウマですが…。






ユウマ「動いた!!うわ怖い!!フユ!放さないで!!」
フユ「うん。」

アイ「1メートルちょっと進んだだけで大げさなやつだな。」
キリエ「…なんかもう無理な感じしてきましたね。」






ユウマ「グラグラする!!怖い!!フユ!大丈夫なのコレ!?」
フユ「うん。」
アイ「もう放してっしな。」
キリエ「あ、コレ乗れるパターンですか!」

ユウマ「うわー!!」


ガシャーン!!


ユウマ「痛いー!!転んだー!フユー!!
    …フユ?…いないじゃん!!!」






ユウマ「自転車怖い。」
キリエ「もうトラウマに…。」
アイ「はえーよ。」
ユウマ「転ぶと痛い。」
キリエ「…そんな、幼稚園児みたいな当たり前のことを…。」
アイ「だめだこりゃ。」




無理でした。






アカネ「ねー、昨日家の蔵の中探したらコレあったよー!
    コレならいくら運動神経が絶望的に死んでて、
    もうどうしようもないレベルのポンコツでも乗れるんじゃないの?」
アイ「お、キックスケーター。」
キリエ「昔、流行りましたねー。」
アカネ「つーか、もう使ってないからユウマにあげるよ。」
ユウマ「…えー、乗れるかな?」
アイ「これ乗れなかったら超ヤベェぞ。」






ユウマ「こう?これでどうするの?」
アカネ「地面についてる足でパーッと蹴るわけよ。」
ユウマ「ふんふん。なるほど。わかった!」






ユウマ「わー!!進んだ!!乗れた!!1人で乗れた!!!」

アイ「アレって小学生でも出来んだろ?」
アカネ「まぁアタシが小さい時に乗ってたやつだし。」
キリエ「本人が満足そうなら…いいんじゃないですかね。」

ユウマ「はやーい!!すごいはやーい!!!」




転ぶと痛いんで、くれぐれも気をつけて乗りましょう。
あと、他の人の迷惑にならない乗り方で!





にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村