忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > 小さいドール

暇なのだ



アカネ「は~~~~~ぁ~~~~~~…。」




珍しくアカネが溜息。
何があったのでしょうか。






ナナセ「今考えてること、当ててあげるわ。」
アカネ「お、当ててみ当ててみー?」

ナナセ「11月は何もイベント無くて退屈だなー、でしょ?」
アカネ「大正解ー!!よくわかったねー。呪術的なアレ?」
ナナセ「あなたの考えてることぐらい何となく分かるわよ。」




10月はハロウィンムードありましたね。
たくさんハロウィン関係の商品やイベントもありました。

さて、11月。
実際なんも無いですね。






ナナセ「ちょうどいいじゃない。
    来月はクリスマスだから中休みよ、中休み。」
アカネ「えー、ノンストップで遊びたくない?
    この一ヶ月がもったいなくね?」
ナナセ「どうせ年末年始にいっぱい予定があるんだから、
    今のうちにやれることやっといたほうがいいんじゃない?」
アカネ「うーんそうなんだけどー…。」






アカネ「あ!!なんもないなら勝手にイベント作ればいいじゃん!!」
ナナセ「…なにするのよ。」
アカネ「うーん。寒くなってきたからおでんパーティーでもやろう!!
    みんな呼んで、好きなおでんのタネ持ち寄ってさー!!」
ナナセ「へぇ、いいじゃない。」
アカネ「でっしょ?でしょでしょ?」






アイ「みんなでおでんやんのか?」
アカネ「そう!好きなの持ち寄ってやるの!
    超楽しそうじゃん?」
アイ「いいなそれ。よっしゃ、何入れるか考えなきゃな!」
ナナセ「…食べられるものにしてよ。」
アイ「ったりめーよ!」






アイ「たまごとー…昆布とー…たまごとー…はんぺんとー…。」
アカネ「たまごとー…大根ーと…たまごとー…たまごとー…。」
アイ「ごぼ天と…たまごと…たまごと…ごぼ天と。」
アカネ「ウインナー天と…たまごと…たまごと…たまご巾着と。」
ナナセ「たまご鍋じゃないそれじゃ…。」
アイ「たまご好きだろ?」
ナナセ「他にもいろんな物入れなさいよ…。」




おでんのたまご、美味しいですよね…。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村






PR

体験したい



アカネ「昨日さ、うちのチャコ太郎くんをお散歩させてたんだ。」
アイ「あー、もう暑くねぇからチャコ太も楽だなー。」
アカネ「うん。でね、チャコ太郎くんが落ちてる柿の実をクンクンしててさー。」




もう柿の実もだいぶ色づいてきましたね。
…落ちるとベチャッてなってお掃除大変なんですよね…。
昔、我が家にも柿の木あったんで…。






アカネ「でね、改めて気が付いちゃったんだよね。
    あっ!秋じゃん!!って。」
アイ「そういえば最近だいぶ涼しい日もあるしなー。
   いよいよ秋だなって感じか。」
アカネ「だよねー。」






リョウ「栗、食べた?」
アカネ「栗かー。まだ食べてないなー。」
アイ「モンブランとか今すげー売ってるな。」




泡崎は芋栗かぼちゃが結構好きなんで、
この時期、よく栗味・芋味のお菓子を買います。
季節限定なんで、ちょっと嬉しい気もしますよね。






リョウ「季節のものを食べるのが日本っぽくていいね。」
アイ「昔っからそういうもんだもんな、日本人。」
アカネ「好きだよねー、旬のもの。」
リョウ「期間限定、って言葉が4回も使えるんだよ、日本は。」
アイ「そういや外国は夏冬しかねぇとこもあるんだっけ?」
リョウ「そんな感じだね。」
アカネ「日本マジお得じゃね?」






アイ「と、なりゃな。
   やっぱり秋の美味いものってやつは食っとかないと損した気になるな。」
アカネ「マジでマジで。食べとかなきゃ秋終わらない?感じ?」
リョウ「ちょっとお金出しても食べるべきだね。」
アイ「今日、帰りにモンブランとか食いに行っとくか。」
アカネ「行こ!絶対行っとこ!!」
リョウ「他の子も誘おうよ。」
アイ「おう。こういうのはみんなで楽しまなきゃな!!」




みなさんも秋のお味を楽しんで、
季節を感じてみてはいかがですかね?






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



疾風のように



ユウマ「フユ!放しちゃダメだよ!絶対ダメだからね!!」
フユ「うん。」
キリエ「…やっぱり乗れなかったんですね、自転車…。」
アイ「まぁ無理だろうなぁ。」




ユウマがアイのバイクを見て乗りたいと思いつつも、
実は自転車に乗れないので無理だという話が前にありまして。
(2018/07/03 「無理っぽい」 のお話)

せめて自転車ぐらいは、と、頑張って練習を試みるユウマですが…。






ユウマ「動いた!!うわ怖い!!フユ!放さないで!!」
フユ「うん。」

アイ「1メートルちょっと進んだだけで大げさなやつだな。」
キリエ「…なんかもう無理な感じしてきましたね。」






ユウマ「グラグラする!!怖い!!フユ!大丈夫なのコレ!?」
フユ「うん。」
アイ「もう放してっしな。」
キリエ「あ、コレ乗れるパターンですか!」

ユウマ「うわー!!」


ガシャーン!!


ユウマ「痛いー!!転んだー!フユー!!
    …フユ?…いないじゃん!!!」






ユウマ「自転車怖い。」
キリエ「もうトラウマに…。」
アイ「はえーよ。」
ユウマ「転ぶと痛い。」
キリエ「…そんな、幼稚園児みたいな当たり前のことを…。」
アイ「だめだこりゃ。」




無理でした。






アカネ「ねー、昨日家の蔵の中探したらコレあったよー!
    コレならいくら運動神経が絶望的に死んでて、
    もうどうしようもないレベルのポンコツでも乗れるんじゃないの?」
アイ「お、キックスケーター。」
キリエ「昔、流行りましたねー。」
アカネ「つーか、もう使ってないからユウマにあげるよ。」
ユウマ「…えー、乗れるかな?」
アイ「これ乗れなかったら超ヤベェぞ。」






ユウマ「こう?これでどうするの?」
アカネ「地面についてる足でパーッと蹴るわけよ。」
ユウマ「ふんふん。なるほど。わかった!」






ユウマ「わー!!進んだ!!乗れた!!1人で乗れた!!!」

アイ「アレって小学生でも出来んだろ?」
アカネ「まぁアタシが小さい時に乗ってたやつだし。」
キリエ「本人が満足そうなら…いいんじゃないですかね。」

ユウマ「はやーい!!すごいはやーい!!!」




転ぶと痛いんで、くれぐれも気をつけて乗りましょう。
あと、他の人の迷惑にならない乗り方で!





にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



鬱イベント



キリエ「……。」




絶望に打ちひしがれるキリエ。
一体どうしたんでしょうか。






アカネ「中庭の片隅から負のオーラ感じるんですけどー?」
アイ「もう完全にやべーやつじゃねぇか。」
キリエ「うぅ…。辛い…。」
アイ「どうした?」






キリエ「…辛い季節になりました。」
アカネ「何がよ?花粉?」
アイ「あー花粉症の人は辛いよな。」
キリエ「…違いますよ。」






キリエ「……秋の体育祭ですよ…。」
アカネ「あっ!そうだ!体育祭あるじゃんヤッター!」
キリエ「アカネちゃんもアイちゃんも運動神経良いですから、そりゃ…。
    でも私のような鈍い亀には絶望のイベントですよ!!」




なるほど、運動音痴には辛いイベント。






アイ「そんなに真剣にやるこっちゃねぇだろ、体育祭なんて。
   普段の体育の授業の大きいやつだと思ってればいいじゃん。」
キリエ「…だって勝ち負けがあるじゃないですか…。」
アカネ「別にキリエ1人が鈍亀でもあんまり影響あるとは思えないけど。」
アイ「たしかにな。」
キリエ「…それになんか恥ずかしいじゃないですか、めっちゃ足遅いとか。
    あとものすごい跳躍力とかないですし、力もないし…。」






アカネ「うーん、運動音痴でも楽しめる競技とか無いかねー?」
アイ「そもそも運動するのに運動楽しくないやつは全部無理だろ。」
キリエ「…それですよ、ホントに…。」




こういうのは得意不得意もあるんで、
やっぱり苦手な人にはちょっと煙たいイベントですよね。






アイ「まぁ、気にしすぎだわな。」
アカネ「だよね。」

キリエ「…そうは言いますけど、お二人だって苦手なイベント、嫌でしょう?」
アイ「そういうのあんま無ぇしなぁ…。」
キリエ「…テストとか苦手でしょう…?」






アイ「……。」
アカネ「……。」

キリエ「…そういえば秋の中頃に中間テストありますね…。
    体育祭からぶっ続けで…。」




……


















にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


孤高のギタリスト



ミサキ「リョウちゃん、ギター上手いねー。」
ナナセ「楽器が弾けるのっていいわよね。」
リョウ「たいしたことないよ。」






インバーターインベーダー恒例、急に出る新キャラ。
今回はバンドガールのリョウという子。
熱心です、ギターに。






ミサキ「ナナッシーはなんか楽器できないの?」
ナナセ「できないわよ。」
ミサキ「マージで?なんかピアノとかやっちゃいそうなイメージだけど。」
ナナセ「…音楽のセンスは無いのよ。」
リョウ「一回やってみた、って言い方だけど?」
ナナセ「…ええ、まぁ。」




わりと完璧人間っぽいナナセも音楽はあんまり得意ではない様子。
誰でも得手不得手はありますね。






ナナセ「難しいわよ、楽器は。」
リョウ「慣れればそうでもないよ。」
ナナセ「その慣れるまでが難しいのよ。」
ミサキ「あーはいはい、確かに。めっちゃ練習するよね。」






ナナセ「で、ミサキはなにか楽器ができるの?」
ミサキ「タンバリン!」
ナナセ「…は?」
ミサキ「カラオケで~?盛り上げて~?タンバリンでさー!!」
リョウ「ああ、アレね。タンバリンもアレはアレで音感必要だけどね。」
ミサキ「ウェイ~~~!!リズム刻むー!!」
ナナセ「…まぁ盛り上げ役にはピッタリね。」




タンバリンって意外と難しいですよね。
カラオケ行くとタンバリンとマラカスが普通においてありますけど、
アレを使いこなしてる猛者にはまだ会ったことはありません。
歴戦のパリピはとんでもない使い方をすると聞いたことがありますが。
プロか、ってレベルで。




じゃあこのへんで、新キャラ・リョウの全体像でも。






正面。
茶髪で黒の瞳です。
髪型はそんなにトリッキー感なく、わりとシンプル。
お顔はそこそこクールさを残す顔立ち。
普通に可愛らしい子が作りたかったんです。
今回はあまり癖のない感じで。






後ろ。
一本結びです。
今回は植毛ヘッドなのでまたカットしました。
だいぶ慣れてきましたね。






横。
もみあげ長めです。




ちなみに、フルネームは「砂吹 涼(すなふき りょう)」です。
ギターでクールな…と言えば、ムーミン谷唯一の人間のあの人ですね。
だから、砂吹という名字です。







にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村