忍者ブログ

インバーターインベーダー

Home > ブログ > ドールの独り言

ドールの独り言40



ロビン「またアイと喧嘩したのね。」
黒天丸「奴が先に突っかかってくるからな。」
ロビン「…それでもあなたが必要以上に挑発するから。」
黒天丸「俺は真実をそのまま言っているだけだ。」
ロビン「いい?アイは素直な子だから言葉をそのままにとってしまうの。
    からかうにしてももう少しやさしく言ってあげて。」
黒天丸「ふん。」
ロビン「…反省してない。ご飯抜きにしちゃうよ?」
黒天丸「…わかった。」
ロビン「よろしい。」



黒天丸 :

人間というのはわからんものだ。
ここにしばらくいるが、連中は人間性がまとまっているわけではない。
大人しいのもいれば粗暴なのもいる。
だが連中は「友達」という言葉で繋がっている。
得もすれば損もする関係だが、むしろロビンなどは損も多いのではないか。
それでも良い事があれば共に喜び、悪い事があれば共に分かちあう。
それが楽しくて、そしてそれで満足なのだろうな。

連中の力など個々では大したものではないだろう。所詮は人間。
だがどうにもわからないことがある。
連中は友人のためなら普段見せない力を発揮する。
特に…アイだ。奴は馬鹿で愚鈍な人間だが、これだけは侮れない。
こういう人間が一番…危険だ。
なにか一つに賭けた時に爆発的な力を発揮する類の人間だ。
奴の場合、それが友人だということ。
そしてその一番の引き金がロビンであるということ。

だから俺は監視する。
妖魔である俺たちに無いものを持つあの連中を。
特にロビンとアイを。
人間に身近な「猫」という姿で。




ロビン「結局あなたはアイの事が好きなの?嫌いなの?」
黒天丸「…どちらでもない。」
ロビン「嫌いというわけでもないのね。じゃあ仲良くしてね。」


黒天丸(どうやら俺も「友人」にしたいらしいな、こいつらは…。)










にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


PR

ドールの独り言39



レイジ :

新参がいきなり何喋ればいいのかわかんないけど、
まぁ世間話かなんかでいいらしいから、ちょっと付き合ってくれ。
相談…っていうか、なんかそれっぽいことなんだけどさ。


個人的なことで悪いんだけどさぁ…。
俺、そんなに女っぽいかな?
そりゃ確かに背も高くないし、顔も女顔だけどさ…。
けっこう男っぽく…ってのもおかしいけど、そうやってるんだけどな。

ここはさ、トラさんとかアヤトさんがいるじゃん。
あの2人はわりと男っぽいよな。
トラさんなんかはああいう感じでも頼りがいあるし、
アヤトさんはクールだけど優しくてしっかりしてるし。
ああいう風にすれば周りのみんなも俺のこと男として認めるのかな?

かといって、真似るだけじゃ何かなぁ。
俺は俺らしい「男らしさ」が欲しいなぁ。
難しいな、意外と。
アイやアカネにちょっとギャフンと言わせたいんだよな。
で、それとなくアイ達に「男らしさってどんな感じ?」って聞いたんだけどさ。

アイ「学ランじゃねぇかな。しかも長ラン。」
アカネ「番長wwwwww男らしすぎるwwwwwwww」

って言うんだ。
…それってちょっと違う気がするんだけどな…。
自然な感じなで男らしくっていうのがいいんだけどなぁ。
もう少し色々考えてみるよ。


相談っていうか、愚痴になっちゃったな。
聞いてくれて助かったよ。

それじゃ、またな!






・コメント返し

>>lizziesさん
ケン玉ってブームなんですね
>なんか新しい名称(横文字系)とかつくんでしょうか
>ベーゴマがベイブレード(?)になったみたいな

ブーム、来てるそうです。
名前は「ストリートけん玉」や「エクストリームけん玉」らしいです。
原宿あたりでブームの兆しを見せてるそうで、
10代~20代前半のお兄ちゃん達の間で流行ってるとか。
何が流行るかわかりませんな。

>トラさんぐらいの年齢だったら
>ファミコンスーファミゲームボーイは標準装備ですよね
>ポケモンだってリアルタイムですし
>ティーンエイジャーの頃にプレステですよね

トラさんはゲームまっただ中世代です。
変なところにこだわりを見せるのはこのゲーム世代特有というか、
好きなものはやりこまないと気がすまない気質の世代です。
トラさんも例外なく、妙なこだわりがあります。
夜でもサングラスをはずさないとか…。

>そりゃアカネちゃんぐらいの年代からしたら前世紀の話ですが

トラさんは30歳ぐらいでアカネは16歳ぐらいなので、
世代間のギャップがそこそこスゴイです。
具体的にはアイドル・歌関係で時々話が通じなくなるレベルです。

>ケン玉がリアルタイムだった世代ってどのへんなんですかね
>戦後すぐ生まれとか?


わりと何時の時代でもあった感はありますが、
日本でそれっぽいのが出てきたのは江戸時代あたりと聞いてます。
その後明治・大正・昭和と何度もブームが来て、
平成の今、またブームになったそうです。
なのでリアルタイム世代となるとわからないですが、
超絶的に流行ったのが1977年とウィキペディアにありました。

起源が古い割に何度もリメイクされる息の長い玩具みたいですな。








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

ドールの独り言38



ユキトラ「暑いなぁ。」
マオ(こくり)
ユキトラ「まぁアイスでも食って涼めよ。」
マオ(ぺろぺろ)



ユキトラ :

っていうかよ、まだ5月だぜ。
すげぇ暑いじゃねぇか。
もう駄目だな地球。もう駄目だ。限界だ。

今日の朝、天気予報観てたんだけどよ、
これがまたスゲェんだ。今週はもう29~30℃いくかも知れねぇとかさ。

暑くなってきたらきたで色々やんなきゃいけねぇんだよな。
扇風機出したりエアコン掃除したり夏物の布団出したり…。
めんどくせぇな。
で、アレだろ。掃除したりしてる間にもう汗だくだよ。

ま、仕方ねぇな。
日本に住んでる以上、四季ってもんがあるんだからな。
それを文句言いながらも楽しんでる日本人ってのも面白いよな。
俺はそれでいいと思うぞ。
めんどくせぇとかヤだなってこともあるけどよ、それ以上にいいことも多い。
それが楽しめるようになったら大人ってことだな。





ユキトラ「お前はあんまり暑いだの寒いだの文句みたいなの、ねぇな。
     いつも飄々としてるわな。」
マオ(????)
ユキトラ「ってぇことは、だ。
     マオが嫌な顔し始めたらいよいよヤベェってことだな。
     地球もこの辺で一旦温暖化を止めねぇとな。」
マオ(ぺろぺろ)
ユキトラ「お前はアイスが食えりゃいいや、って感じだな。」
マオ(こくり)









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


ドールの独り言37

 

イオリ「ぎゅう。」
マオ(ぎゅう)
カナメ「ははは、甘えん坊だな。」



カナメ :

小さい子というのは可愛いものだなと思うよ。
無邪気で元気で。

でも私と同じ年ぐらいになった時、
イオリはどうなっているんだろうか?
今と同じように無邪気で元気なのかな。
それとももう少し落ち着いてるのかな。

私はイオリの成長がすごく楽しみだ。
イオリには無限の可能性がある。
イオリは今ケーキ屋さんになりたいらしいね。
なれるといいな。うん、きっとなれるさ。
マオもそんなイオリを見て大きくなるから、きっといい子になるだろう。

まだまだ小さな2人。
今はもう少し無邪気な姿を見せていて欲しい。
こうやって甘えてくれるのも今のうちかもしれないな。

もうすぐ5月。
子供たちが一番元気に遊んでる時期だと思う。
天気もいいし、ゴールデンウィークもある。
2人もたくさん遊べるといいな!




イオリ「あそんでー。」
カナメ「ああ、いいよ。何して遊ぶ?」
イオリ「んー、おさんぽがいい。お天気だから。ねー?」
マオ(こくり)
カナメ「じゃあ行こうか。」
イオリ「うん!」









にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

ドールの独り言36



アイ :

おーっす。最近あったかいな!
やっぱ3月も終わりになれば春っぽくなってくるんだな!
これからの季節は外に出ても寒くねぇし、
色んな所に遊びに行けるぜ。







アイ :

春って言えばコレだな!桜餅!
今だけだから好きな人は食っとけよ!
なんたって春が過ぎたらなくなっちゃうもんな。
日本人は「期間限定」とかって言葉に弱いってトラさんが言ってたぜ。
んー、まぁ「今だけ!」って言われると欲しくなっちゃうよなぁ。

これからお花見とかあるしさ、
花見弁当と一緒に持って行くといいかもしれねぇな!






アカネ「えー、お花見って言えばお花見団子じゃね?」
アイ「んー。それもあるな。3色の花見団子も今だけか。」
アカネ「あ、いいこと思いついた。両方持ってこう。
    どっちも味が違うんだから両方持って行っても困んなくね?」
アイ「お前、時々冴えてるな。」
アカネ「まぁ?時々っていうか?結構毎日冴えてるんだけどね!」
アイ「うそつけ。」


アイ「ってなわけで、美味いもん持ってみんなでお花見とかオススメだぜ。」
アカネ「外で食べるお弁当って美味しいもんね。」
アイ「みんなで行くっていうのがいいんだよな。
   アタシらも楽しんでこようぜ!」
アカネ「おー!」

アイ「じゃ、今日はこんなもんだな!」
アカネ「まったねー!」








にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村